ゲーム実況に挑戦! 初心者も安心のおすすめPC情報

目次

ゲーム実況を始める前に 必要なPCスペックとは?

ゲーム実況を始める前に 必要なPCスペックとは?

ゲーム実況用PCのプロセッサ要件

ゲーム実況用PCのプロセッサ要件についてご説明します。

プロセッサ、またはCPUは、PCの頭脳といわれ、処理速度がゲーム実況のクオリティに直結しています。

実況には高い処理能力が求められるため、少なくともクアッドコアプロセッサを搭載しているPCが適していると言えます。

特に、最新タイトルの実況を考えているならば、Intel Core i7やAMD Ryzen 7以上のプロセッサを選択することが望ましいです。

ストリーミング同時に行うゲームプレイは、複雑な計算処理を必要とし、プロセッサへの負荷が高くなりがちです。

そのため、多くのコアや高いクロック速度を備えたプロセッサは、滑らかな実況配信を可能にします。

さらに、マルチタスク処理の効率も向上するため、チャットへの返信や配信の調整など、実況時のマルチタスクをスムーズにこなすことができるようになります。

以上の点を踏まえると、ゲーム実況用のPCに求められるプロセッサの性能は、一般的な使用を超えていることがわかります。

高品質な実況を目指すならば、高性能なプロセッサへの投資が不可欠であり、これにより配信の信頼性や視聴者への満足度も大いに向上することでしょう。

ゲーム実況に必要なプロセッサの選定は、実況キャリアを築く上での重要な一歩と言えます。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 41074 2424 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41024 2364 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41024 2364 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38498 2084 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38422 2055 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35426 2241 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35426 2241 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33681 2214 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33681 2214 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32458 2108 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32458 2108 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29185 2046 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 28786 1975 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 26972 2051 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24581 2109 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24581 2109 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 22024 1955 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20315 2021 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19459 1943 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17689 1821 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16008 1783 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16008 1783 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15252 1987 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9053 1752 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9053 1752 公式 価格

グラフィックスカード 必要な性能と選び方

ゲーム実況では、鮮明な映像とスムーズな動きが視聴者を引き込む鍵です。

このため、グラフィックスカードの選定は非常に重要となります。

ゲームの性質を考慮し、複雑な3Dグラフィックスを扱うためには、高性能なグラフィックスカードが求められますが、実況にはさらに専用のエンコーダーが必要になることもあります。

NVIDIAのGeForce RTXシリーズやAMDのRadeon RXシリーズのように、最新のゲーミンググラフィックスカードでは、高いグラフィックス性能に加えて、エンコード機能も備わっており、ゲーム実況に最適です。

さらに、ゲーム実況向けのグラフィックスカード選びでは、ストリーミングの解像度やフレームレートも考慮に入れておく必要があります。

たとえば、1080pのフルHDで60FPSで実況する場合と、4K解像度でストリーミングする場合では、グラフィックスカードに要求される性能が大きく異なります。

前者ではミドルレンジのグラフィックスカードで十分対応可能ですが、後者ではハイエンドクラスのグラフィックスカードが必要となります。

また、グラフィックスカードを選ぶ際は、メモリ容量にも注目しましょう。

VRAMと呼ばれるこのメモリは、ゲームのテクスチャやモデルなどのデータを一時的に保存するためのもので、容量が大きいほど高解像度のゲームをスムーズに実行できます。

最低でも4GBは欲しいところですが、より高い品質で実況するならば8GB以上をおすすめします。

グラフィックスカードの性能と選び方を正しく理解することは、ゲーム実況を成功させる第一歩です。

視聴者に快適な視聴体験を提供しながら、自身も素晴らしいゲーム体験を共有するためには、じっくりと比較検討し、自分の実況スタイルに合ったグラフィックスカードを選択することが決定的に重要です。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 36064 74300 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 29990 73593 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 29040 68492 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 26085 67669 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23654 55777 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 19863 50598 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19176 51248 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 17912 45990 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 16936 42547 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13417 34691 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13416 35142 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13301 34508 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12424 30452 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10791 31815 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10621 28651 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10612 27566 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7312 19667 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6252 16080 130W 公式 価格

メモリとストレージの最適な構成

ゲーム実況を始める上で、PCのメモリとストレージは実況プレイの快適性を大きく左右します。

メモリはゲームや配信ソフトなど、複数のアプリケーションを同時に動かす際に必要な容量です。

現在、ゲーム実況に向いているのは最低16GB以上、可能であれば32GBのメモリを推奨します。

これにより、ゲームの読み込み速度が向上し、ラグの少ないスムーズなプレイが可能になります。

一方でストレージは、ゲームのデータや録画した動画ファイルを保存する空間となります。

ここでは、速度と容量のバランスが鍵となります。

SSDはHDDに比べて読み書き速度が速く、PCの反応速度を高めるためには最適ですが、価格が高めです。

なので、OSやよく使うゲームをSSDにインストールし、一般的なデータ保存用としてHDDを併用するハイブリッドな構成がコストパフォーマンスに優れています。

具体的には、ゲーム実況用のPCにおいては500GB以上のSSDと、2TB以上のHDDを組み合わせると、快適な実況環境を構築できます。

SSDはゲームのロード時間短縮に貢献し、HDDは大量の動画データを安価に保存できるため、合理的な選択と言えるでしょう。

これにより、なめらかな実況プレイの映像を視聴者に届けることができ、視聴者の満足度を高めます。

キレのある操作と快適な実況環境を支えるためにも、適切なメモリとストレージの構成は非常に大切なのです。

ストリーミング性能を重視したゲーム実況PCの選び方

ストリーミング性能を重視したゲーム実況PCの選び方

ライブストリーミング向けCPUとは

ゲーム実況の中核となるのは、間違いなくパワフルなCPUです。

ライブストリーミングに最適なCPUは、複数のコアを有しており、高いマルチスレッド性能を備えています。

実際、ゲームをプレイしながら同時にエンコードし、視聴者に配信するためには、CPUは重たいタスクをスムーズに処理できる能力が不可欠です。

例えば、AMDのRyzenシリーズやIntel Core i7、i9シリーズは、ゲーム実況向けのパソコンに推奨されるチップセットです。

エンコードは特にCPUへの負担が大きい作業であり、これには高いクロックスピードと一緒に、ストリームの品質を落とさないようにするための余裕が求められます。

また、ソフトウェアエンコーダを使用する場合には、特にパフォーマンスの強いCPUが要求されるでしょう。

ゲームによってはCPUをかなり使用するものもあるため、ゲームとストリーミングの両方を快適に行うためには、コア数やスレッドの多さで選ぶべきです。

さらに、ライブストリーミング時の快適さを決める要素として、オーバークロッキングの機能が備わったCPUも選択肢の一つです。

これにより、必要に応じてCPUの性能を引き上げることができ、より一層のパフォーマンス向上を実現します。

ただし、この機能を活用する際は、十分な冷却システムが前提になることを忘れないでください。

ゲーム実況において、適切なCPUを選択することは、視聴者にスムーズで高品質な映像を提供するために欠かせないポイントです。

その選択が、実況者としての満足度はもとより、ファンを増やす上でも大きな影響を与えるのです。

ですから、PC選びに際しては、ライブストリーミングに特化したCPUに注目し、充分な性能を持った選択をすることが肝心です。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

エンコーディングに最適なGPU

ゲーム実況において、視聴者に滑らかな映像を提供するため、CPUと同じくらいGPU(グラフィックス処理ユニット)の役割が重要です。

特にエンコーディングのプロセスでは、高性能なGPUが実況の品質を左右するため、ストリーミング専用の強力なものを選ぶことをおすすめします。

現在、ストリーマーたちの間で支持されているのは、NVIDIAのRTXシリーズです。

このシリーズには、エンコーディングを軽々とこなすための専用コアがあり、ゲームをプレイしながらの配信でもクオリティの低下を最小限に抑えることができます。

また、多くの人気ストリーマーに採用されている理由のひとつは、NVIDIAのNVENCというハードウェアエンコーダーの存在です。

これは高品質のエンコーディングを実現し、CPUへの負担を減らすことで、ゲームのパフォーマンスが保たれるため、より快適な配信ができます。

AMDのGPUも見逃せません。

特にRXシリーズは、物理ベースのレンダリングやリアルタイムのレイトレーシングに対応し、ゲーム実況時に臨場感あふれるグラフィックスを提供します。

さらに、エンコーディングプロセスを効率化するAMDのVCE(Video Coding Engine)も優れた機能を持ち、滑らかなストリーミングに貢献します。

ストリーミング性能を追求する上で、エンコーディングに最適なGPUを選ぶことは、視聴者に最高の視聴体験を届ける上で欠かせない要素です。

それぞれのモデルの特長を比較し、自分の配信内容に最適な選択をすることが、成功への第一歩と言えるでしょう。

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BL

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BL

ヘビーユーザーを魅了する高性能ゲーミングPC、集中力を高めるサイレント設計で戦場を制圧!
32GBメモリと1TB高速SSD、バランス良いパワーでゲームも作業もスムーズに応答
ホワイト塗装のクリーンなデザイン、内部のRGBが輝くクリアパネルで美しさも冷却性能も両立
Core i7 14700搭載、マルチタスクでもスムーズな応答性で作業効率アップ

【ZEFT Z47BL スペック】
CPUIntel Core i7 14700 20コア/28スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H7 Flow RGB White
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BL

パソコンショップSEVEN ZEFT Z51GV

パソコンショップSEVEN ZEFT Z51GV
【ZEFT Z51GV スペック】
CPUIntel Core i9 14900F 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースAntec P10 FLUX
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z51GV

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48CB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48CB

ハイエンドパフォーマンスを携えた、過酷なバトルにも耐えうるゲーミングPC
豪華三昧スペックで、フルスロットルの極み体験を提供
エアフロー最適化された美麗筐体、Corsair 4000Dで、スタイリッシュな設置を保証するPC
快速Core i7-14700F搭載、マルチタスクもスムーズにこなすマシン

【ZEFT Z48CB スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6300Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z48CB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48GA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48GA

究極のゲーム体験をコミットする、エクセプショナルミドルクラスゲーミングマシン
頂点を極めるバランス―最新のSSD速度と圧倒的グラフィックパワー
静かな威厳、ミドルタワーケースの洗練されたスチールデザイン
超絶速Core i9 14900F、プロセッサの極みでタスクを瞬時に処理

【ZEFT Z48GA スペック】
CPUIntel Core i9 14900F 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Corsair製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z48GA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52CK

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52CK
【ZEFT Z52CK スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H7 Flow RGB White
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52CK

高速インターネット接続のためのネットワーク機能

ストリーミング性能を最大限に発揮するためには、安定した高速インターネット接続が不可欠です。

ゲーム実況PCでは、ネットワーク機能に特に注意を払う必要があります。

ゲームのプレイデータをスムーズにアップロードするためには、有線のイーサネット接続が理想的です。

この接続は、Wi-Fiよりも断然速く信頼性が高いため、遅延や接続の切断が少なくなります。

また、イーサネットポートを備えたマザーボードを選ぶ際には、ギガビット速度に対応したものを選ぶと良いでしょう。

これにより、インターネットの速度が理論上は1Gbpsに達し、非常に高速なアップロードが可能となります。

ただし、実際の速度はご利用のインターネットサービスプロバイダーのプランに依存するため、最適なプランを選ぶことも重要です。

さらに、Wi-Fi接続を使用する場合でも、最新のWi-Fi 6(802.11ax)やその後継規格をサポートするネットワークアダプターを選ぶことで、無線接続でも高速かつ安定した通信を実現できます。

これは、特に配信機材がルーターやモデムから離れた位置にある場合に役立ちます。

高品質なゲーム実況を目指すならば、ネットワーク環境に対する投資と工夫は欠かせません。

ネットワーク機能を賢く選び、最適化することで、視聴者に快適なストリーミング体験を提供できるでしょう。

これが、数多くのファンを獲得し、成功への道を切り開く一歩となるのです。

ゲーム実況PCを自作するメリットとポイント

ゲーム実況PCを自作するメリットとポイント

自作PCのコストパフォーマンス

自作PCのコストパフォーマンスは、多くのゲーム実況者が重視する重要なポイントです。

市販の完成品PCと比較して、自分でパーツを選び組み立てることによって、必要な性能に特化したマシンをコストを抑えて構築することが可能になります。

実際のところ、ゲーム実況に必要なのは高いグラフィック性能と処理能力ですが、自作ならば最新の高性能グラフィックボードやCPUに投資しやすくなり、その分他の部分には経済的な選択をすることができます。

これは、市販のPCではバランス配分が固定されており、同じ価格では性能に制限がつきやすい事実と対照的です。

さらに、将来的なアップグレードも見据えた場合、自作PCは部品を一つずつ交換していくことが容易であるため、長期間に渡ってコストを分散し、常に最適な状態を保ちやすくなります。

ゲーム実況という急速に進化し続けるデジタルコンテンツ世界においては、この柔軟性が非常に高いメリットと言えるでしょう。

最新ゲームの実況を始める際には、たとえ少しずつでもPCのアップグレードが必要となることが一般的ですが、自分でパーツを選んだ自作PCならではの進化路線をたどることができるのです。

結果として自作PCはコストを抑えつつも、性能を追求しやすい選択肢であり、ゲーム実況を趣味とする人々にとって、この上ない魅力に溢れる選択となるでしょう。

高性能なマシンを構築する喜びと、その結果として得られるスムーズなゲーム実況体験は、自作PCの大きな醍醐味と言えるのではないでしょうか。

ゲーム実況に適したパーツの選定方法

ゲーム実況に最適なPCを自作する際の心得として、パーツ選定には特別な注意を払わなければなりません。

まず、プロセッサーは複数のタスクを同時にこなす必要があるため、多コアで高速なモデルが求められます。

次に、グラフィックカードですが、これは高いフレームレートと解像度を実現するための要となりますので、最新のゲームをスムーズにプレイすることを考慮して、性能の高いものを選びましょう。

さらに、メモリもゲーム実況には欠かせません。

最低でも16GBは必要ですが、余裕を持って32GBを搭載することで、ゲームと同時に実況用のソフトウェアを動かしても快適です。

ストレージに関しては、高速な読み書きが可能なSSDを採用することで、ゲームのロード時間を短縮し、視聴者を飽きさせないスムーズな実況が可能になります。

冷却システムも見逃せません。

安定したパフォーマンスを維持するためには、適切な冷却が必須です。

特に、CPUやグラフィックカードは大量の熱を発生するため、高品質の冷却ファンや水冷システムを導入することをおすすめします。

また、静音性も重要なポイントです。

静かな環境で実況を行うことで、視聴者に快適な体験を提供できます。

最後に、ゲーム実況においては入力機器も重要です。

反応速度の速いキーボードやマウスを選ぶことで、ゲームプレイの精度が向上し、実況中のパフォーマンスも自然と高まります。

これらの基準を抑えつつ、予算とバランスを考えながら、自分に合ったゲーム実況PCを構築することが、成功への第一歩となるでしょう。


自作ゲーム実況PCの組み立て方

ゲーム実況PCの組み立て方には、グラフィックスカードやCPU、メモリなどのパーツを選ぶ際の知識だけでなく、それらがシームレスに連動して最適なパフォーマンスを発揮するよう配置する技術が求められます。

ゲーミングPCは高いグラフィックス処理能力を要求されるため、まずは最新のゲームを快適に動かせるグラフィックスカードの選定が重要です。

グラフィックスの処理能力と相性の良いCPUを選び、これにメモリはゲームの種類や同時に開くアプリケーションの使用状況に応じて16GB以上を目安にした選択が理想的です。

ゲーム実況では、ゲームプレイと同時に動画のエンコードも必要となるため、マルチタスク性能が高いプロセッサーの採用が不可欠です。

ここで忘れてはならないのが、高性能なパーツが発する熱を適切に排出する冷却システムです。

適切なケース選びとファンの配置は、長時間のストリーミングでもパフォーマンスを維持するために欠かせません。

さらに、ストレージ選択では、システムとゲームのローディングスピードを高めるSSDの採用と、録画データを保管するための大容量HDDの組み合わせが理想的です。

電源は全てのパーツを確実に稼働させるためにも、余裕をもったワット数を選ぶことで予期せぬトラブルから身を守れます。

組み立てに入る前には、静電気対策として専用のリストストラップを着用し、組み立て作業を行う環境も清潔に保つことが大切です。

慎重にパーツを取り扱いながらも、組み立てのプロセスを楽しむ気持ちを忘れずに、各パーツの説明書をしっかりと読み込んで手順に従っていくことが成功の鍵を握ります。

こうしたポイントに注意しながら丁寧に作業を進めることで、ゲーム実況に必要な高性能PCを自分の手で創り上げる達成感と共に、最高のゲーム体験を実現させることができるでしょう。

予算別おすすめゲーム実況PC一覧

予算別おすすめゲーム実況PC一覧

エントリーレベル 初心者でも始めやすいPC

エントリーレベルのゲーム実況PCを選ぶ際には、コストパフォーマンスの高さと現代のゲームタイトルを快適に楽しむための最低限の性能が求められます。

ここでは初心者でも始めやすいPCの選び方にフィーチャーし、ゲーム実況のエキサイティングな世界への一歩を踏み出したいあなたが考慮すべきポイントを照らし出していきます。

まず、ゲーム実況に最適なPCでは、安定した動作を保証する十分なCPUパワーと、流れるような画像を実現するためのグラフィックカードが不可欠です。

これらのコンポーネントはゲームプレイの快適さに直結し、視聴者にとっても滑らかな映像体験を提供するために重要です。

エントリーレベルといえども、ストレスなくゲーム実況を行うためには、最新タイトルの中である程度の設定でも楽しめる性能は必須です。

中でもリーズナブルな価格帯のCPUであるAMD Ryzen 5 シリーズやIntel Core i5 シリーズ、そしてグラフィックスはNVIDIAのGeForce GTX 1600シリーズやAMDのRadeon RX 7000シリーズなどが、このカテゴリーでのバランスの取れた選択となります。

また、ゲームの読み込み速度や多タスク処理能力を高めるためにはSSDの採用と8GB以上のRAMが推奨されます。

さらに、ゲーム実況中のコミュニケーションを円滑に行うためには、クリアな音声を拾えるマイクや快適な長時間使用が可能なヘッドセットへの投資も重要です。

これら基本的なスペックを抑えた上で、自らの実況スタイルに適した機能やデザインをプラスすることによって、初心者から次のレベルへとステップアップするゲーム実況者へと成長していくための準備が整います。

最後に、将来的なアップグレードのことも頭に入れつつ、自分の予算内で最適なゲーミングPCをセレクトしましょう。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBH

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBH
【ZEFT Z45DBH スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H6 Flow White
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBH

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52BA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52BA
【ZEFT Z52BA スペック】
CPUIntel Core i7 14700K 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (16GB x1枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52BA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52C

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52C
【ZEFT Z52C スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (16GB x1枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6800Gbps Crucial製)
ケースThermaltake S100 TG
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52C

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AB
【ZEFT Z52AB スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (16GB x1枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AB

ミドルレンジ 一歩進んだ実況に最適な選択肢

ゲーム実況の世界でミドルレンジのPCは、初心者からステップアップを図る方にとって最適な選択肢と言えます。

具体的には、フルHD解像度で安定した60fps以上を実現できるグラフィックカード、快適なマルチタスクをこなすための8コア以上のCPU、そして16GBのRAMが推奨されます。

さらに、ゲームのローディング時間短縮にはSSDの採用が不可欠です。

理想とされる容量は512GB以上で、オペレーティングシステムと主要なゲームをスムーズに動かせる余裕が重要になります。

ライブストリーミングにも強いPCを目指すなら、高速かつ安定したインターネット接続にも注目することが必要です。

ゲーム実況では、実況している動画のアップロード速度が追いつかなければ、視聴体験は大きく損なわれるため、優れたネットワークカードの選定も見逃せません。

音声の品質も視聴者の満足度に大きく影響するため、内蔵サウンドカードやノイズキャンセリングが優れたマイクの利用は、プロフェッショナルな配信を目指す上で欠かせない点です。

ゲーム実況の空間を豊かな色彩で彩るためにも、RGBライティング付きのケースや周辺機器の選択は視聴者に喜ばれる要素といえます。

しかし、見た目だけでなく、拡張性にも注目し、将来的に部品のアップグレードがしやすい構造であることも重要です。

ミドルレンジのPC選びは、こうした多様な要素が組み合わさることで、一歩進んだゲーム実況をする上でのパフォーマンスを大きく左右します。

プレイするゲームの種類や実況のスタイルに合わせた選定を心がけ、満足のいくゲーム実況ライフを実現させてください。

ハイエンドモデル プロも使用する高性能PC

ゲーム実況の世界でトップパフォーマンスを目指す方には、ハイエンドモデルのPCが最適です。

これらの高性能マシンは、最新のAAAタイトルを最高設定で滑らかに動かすだけでなく、高解像度でのライブストリーミングや、複数のプログラムを同時に稼働させるマルチタスク環境での安定した動作が特徴です。

プロのゲーム実況者が使用するPCは、高速なプロセッサ、豊富なメモリ、そして強力なグラフィックカードを搭載しており、これらは快適なゲームプレイと配信のクオリティを維持するために不可欠です。

とりわけ、ハイエンドモデルでは、例えばNVIDIAの最新RTXシリーズやAMD Ryzen Threadripperなど、業界をリードするコンポーネントを採用していることが多く、これによりリアルタイムのエンコードや高度なゲームエンジンにも対応できます。

同時に、充実した冷却システムを備えているため、長時間の使用でも性能劣化を最小限に抑えることができます。

加えて、拡張性にも優れており、将来的なアップグレードやカスタマイズも容易です。

これにより、技術の進化に合わせてシステムを常に最前線で維持することが可能となります。

ストレージに関しても、高速なSSDを採用しているため、ゲームのロード時間の短縮とデータ転送速度の向上が期待できます。

ハイエンドPCは、その性能と品質に見合うだけの投資が必要ですが、ゲーム実況の世界でプロフェッショナルを目指すのであれば、それに見合った価値があると言えるでしょう。

高性能PCを使いこなすことで、配信するコンテンツのレベルも一層向上し、視聴者に最高のエンターテイメントを提供することができるのです。

ゲーム実況で重要なPCの冷却システム

ゲーム実況で重要なPCの冷却システム

エアクーリングと液体冷却のメリット・デメリット

ゲーム実況を滑らかに実行するには、PCの冷却システムがカギを握ります。

熱はPCのパフォーマンスを圧迫する大敵ですが、エアクーリングと液体冷却という二つの冷却方法がその解決策として存在しており、どちらも一長一短があります。

エアクーリングは、ファンを用いてPC内部の熱を外へと排出するシステムです。

この方法の最大のメリットは、そのシンプルさとコストパフォーマンスにあります。

複雑な部品が少なく、取り扱いやすいため、初心者には特におすすめできます。

一方で、ファンの回転音が大きくなることや、限界以上の高性能なPCでは冷却能力が不足する場合があるという点がデメリットとして挙げられます。

液体冷却の場合、伝導性が高い液体を使って熱を効率的に運びます。

このシステムは熱を素早く一定範囲で均等に拡散させるため、高負荷時でも安定した冷却効果を発揮します。

また、エアクーリングに比べて動作音が少ないため、ゲーム実況の録音時においても邪魔になりにくいです。

しかし、その性能の高さと引き換えに、液体冷却はエアクーリングよりも高額で、メンテナンスが複雑なことがデメリットです。

冷却システム選びは、ゲーム実況PCを選ぶ際の楽しいパズルの一片です。

高性能を求めるなら液体冷却、シンプルさと静かさを好むならエアクーリングということになるでしょう。

最適な冷却システムを見極め、ゲーム実況の長時間のプレイも安心して楽しむことができます。

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAV

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAV

エキスパートのためのゲーミングPC、アドバンスドなパフォーマンスが魅力のモデル
最新のゲームもサクサク動かす均整の取れたハイスペックスペック
透明サイドパネルが際立つ、デザインと機能性を両立したケースで魅せるマシン
パワーユーザー歓喜!Core i7 最新世代の処理速度でリードを保持

【ZEFT Z45DAV スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAV

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52H

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52H
【ZEFT Z52H スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake S100 TG
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52H

パソコンショップSEVEN EFFA G05B

パソコンショップSEVEN EFFA G05B

パワーユーザー注目!革新を生む64GBメモリ搭載イノベーティブ・ゲーミングPC
均整の取れた高速性能、NVMe SSDと64GB RAMで未体験の速さを実現
静寂を纏う、CoolerMaster Silencio S600ケース。スタイリッシュで優れたサイズ感
心臓部はCore i7 14700F。ミドルハイランクの処理能力でタスクを軽々とこなす

【EFFA G05B スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ64GB DDR4 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
キャプチャカードキャプチャボード AVERMEDIA Live Gamer 4K GC575
ケースCoolerMaster Silencio S600
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN EFFA G05B

パソコンショップSEVEN EFFA G04A

パソコンショップSEVEN EFFA G04A

ゲーミングの頂を極めるパフォーマンス。ゲーム愛好者へエフォートレスグレードへ贈り物
速度と力、均整のとれたスペックが光る。32GBメモリと1TB SSDで、どんなタスクもスムーズにこなすマシン
見た目も機能も抜群。クリアサイドパネルから見える内部にデザイン性とパフォーマンスが融合
Core i5 14600KFが中核をなし、最新ゲームも快適に動かす強力なCPUパワーを実感できるゲーミングPC

【EFFA G04A スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
キャプチャカードキャプチャボード AVERMEDIA Live Gamer 4K GC575
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN EFFA G04A

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AE

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AE
【ZEFT Z52AE スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ128GB DDR5 (32GB x4枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H6 Flow White
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AE

冷却性能を最大化するPCケースの選び方

ゲーム実況で重要なPCの冷却システムのなかでも、PCケースの選び方は冷却性能を大きく左右します。

高い冷却性能を持つPCケースを選ぶことは、長時間にわたるゲーム実況中でもPCを安定動作させる秘訣です。

理想のPCケースを選ぶために、まずエアフローの良い設計を確認しましょう。

前面と背面、場合によっては上部にもファンを装備できるスペースがあるかどうかが重要で、これにより内部の熱気を効率よく排出できます。

また、ケース内部が広いものを選ぶことで、空気の流れがスムーズになり、冷却効果が高まります。

次に、ケース内部のホコリを減らすフィルターの有無もポイントです。

ホコリが蓄積するとPCの冷却性能が低下するため、メンテナンスの手間が省けるフィルターが付属しているケースを選ぶと良いでしょう。

さらに、ゲーミングPCでは高性能なグラフィックカードやCPUクーラーを使用することが多くありますが、これらがケースに収まるかどうかも忘れずにチェックしてください。

ケースのサイズが大きく、拡張性に優れている製品は、将来のアップグレードも見越して選択することが望ましいです。

効率的な冷却のためには、静音性も配慮する必要があります。

ゲーム実況ではクリアな音声が不可欠で、ファンの騒音が音声に影響を与えないように、静かな運転音のファンを選ぶか、防音材が内蔵されたケースが推奨されます。

快適なゲーム実況には、適切なPCケースの選択が不可欠です。

ケース選びにおいては、エアフロー、メンテナンス性、拡張性、静音性といった要素を総合的に判断し、自身のニーズに合致した最適な一品を見つけることが大切です。

これらを心掛けることで、ゲーム実況中も安定したパフォーマンスを発揮できるPC環境を構築することができるでしょう。

ゲーム実況初心者が知っておくべき周辺機器

ゲーム実況初心者が知っておくべき周辺機器

ゲーム実況に最適なマイクとヘッドセット

ゲーム実況に欠かせないアイテムとして、最適なマイクとヘッドセットの選び方を解説します。

クリアな音声を拾うためには、まずマイク選びが重要です。

卓上型のコンデンサーマイクは音質が良く、感度も高いため、声のニュアンスや繊細な表現を拾い上げてくれます。

しかし部屋の環境音には敏感なので、静かな場所や音響処理がされたスペースで使用することをおすすめします。

一方、ヘッドセットマイクはゲームプレイ中の利便性が高いです。

手軽に頭に装着でき、動きながらでも安定して声を録音できます。

ノイズキャンセリング機能がついたモデルなら、余計な背景音を抑え、声だけをクリアに録音することが可能です。

さらに、ヘッドセットは長時間のゲーム実況にも快適さが求められます。

圧迫感の少ないデザイン、肌に優しい素材のイヤーパッド、調節可能なヘッドバンドなど、自分に合ったフィット感の良いモデルを選ぶことが大切です。

音質だけでなく、耳への負担や疲れを感じさせないヘッドセットを選ぶことで、長時間の実況も楽しく行えます。

ゲーム実況を行う上で、視聴者に快適な視聴体験を提供するためには、マイクとヘッドセットの質が深く関わってきます。

明瞭な音声で視聴者とのコミュニケーションを図れるよう、機能面と使用感のバランスを考慮した上で、最適な製品を選んでいただければと思います。


ストリームの操作に役立つキーボードとマウス

ゲーム実況を快適かつスムーズに楽しむためには、単にPC本体のスペックが高いだけでは不十分です。

とりわけ重要なのが、熱中してプレイするその手元を支えるキーボードとマウスです。

実況プレイヤーが快適に操作を続ける上で、反応速度や使い勝手の良さは欠かせない要素となります。

ストリーミング中には、リアルタイムで視聴者とコミュニケーションを取ることも求められますので、キーボードはタイピングのしやすさが求められます。

また、キーのカスタマイズ機能がついたモデルならば、よく使う機能を割り当てておくことで効率的な操作が可能となります。

一方で、マウスは精密さが要求されるゲームにおいて特に重要です。

例えば、シューティングゲームではミリセカンドを争うような反応速度やピンポイントのエイムが要求されますから、解像度(DPI)が高く、快適に手になじむ形状を選ぶべきです。

エルゴノミックデザインのモデルは長時間の使用でも疲労を軽減してくれますし、追加機能としてプログラマブルなボタンがあると、ゲーム内の様々なアクションを素早く実行できるようになります。

熱中するゲーム実況には、視聴者とのやり取りを支え、瞬時の判断を可能にする反応性と使い心地を重視した周辺機器選びが不可欠です。

優れたキーボードとマウスを選べば、ゲームのプレイもさることながら、実況中のトークもより生き生きとし、視聴者への配慮も忘れず、熱中したプレイと素晴らしい実況を提供することができるでしょう。

人気PCゲームタイトル一覧


ゲームタイトル 発売日 推奨スペック 公式
URL
Steam
URL
Street Fighter 6 / ストリートファイター6 2023/06/02 プロセッサー: Core i7 8700 / AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: RTX2070 / Radeon RX 5700XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Apex Legends / エーペックスレジェンズ 2020/11/05 プロセッサー: Ryzen 5
グラフィック: AMD RadeonR9 290, GeForce GTX 970
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
ELDEN RING / エルデンリング 2022/02/25 プロセッサー: Core i7-8700K or Ryzen 5 3600X
グラフィック: GeForce GTX 1070 or AMD RADEON RX VEGA 56
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ペルソナ3 リロード 2024/02/02 プロセッサー: Core i7-4790, AMD Ryzen 5 1400
グラフィック: GeForce GTX 1650, 4 GB, AMD Radeon R9 290X, 4 GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
TEKKEN 8 / 鉄拳8 2024/01/26 プロセッサー: Core i7-7700K/AMD Ryzen 5 2600
グラフィック: GeForce RTX 2070/AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Palworld / パルワールド 2024/01/19 プロセッサー: Core i9-9900K
グラフィック: GeForce RTX 2070
メモリー: 32 GB RAM
公式 steam
Baldur's Gate 3 / バルダーズゲート3 2023/08/04 プロセッサー: i7 8700K / AMD r5 3600
グラフィック: 2060 Super / RX 5700 XT (8GB+ of VRAM)
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ドラゴンズドグマ 2 2024/03/21 プロセッサー: Core i7-10700 or Ryzen 5 3600X
グラフィック GeForce RTX 2080 / AMD Radeon RX 6700
メモリー: 16 GB
公式 steam
ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON 2023/08/25 プロセッサー: Core i5-10400 or Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 590 or Arc A750
メモリー: 12 GB RAM
公式 steam
ホグワーツ・レガシー 2023/02/11 プロセッサー: Core i7-8700 or AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce 1080 Ti or AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Cities: Skylines II 2023/10/25 プロセッサー:Core i5-12600K | Ryzen 7 5800X
グラフィック: GeForce RTX 3080 | RadeonRX 6800 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
サイバーパンク2077:仮初めの自由 2023/09/26 プロセッサー: Core i7-12700 or Ryzen 7 7800X3D
グラフィック: GeForce RTX 2060 SUPER or Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
DIABLO IV / ディアブロ IV 2023/10/18 プロセッサー:Core i5-4670K or AMD Ryzen 1300X
グラフィック: GeForce GTX 970、Arc A750、Radeon RX 470
公式 steam
オーバーウォッチ 2 2023/08/11 プロセッサー:Core i7 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 6400
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Monster Hunter World: Iceborne 2020/01/10 プロセッサー:Core i3 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD Radeon RX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
MONSTER HUNTER RISE: Sunbreak 2022/01/13 プロセッサー:Core i5-4460 or AMD FX-8300
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD RadeonRX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
BIOHAZARD RE:4 2023/03/24 プロセッサー: Ryzen 5 3600 / Core i7 8700
グラフィック: AMD Radeon RX 5700 / GeForce GTX 1070
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Call of Duty Modern Warfare III 2022/10/28 プロセッサー:Core i7-6700K or AMD Ryzen 5 1600X
グラフィック: GeForce RTX 3060 or AMD RadeonRX 6600XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
デッドバイデイライト 2016/06/15 プロセッサー: Core i3 or AMD FX-8300
グラフィック: 4GB VRAM以上
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Grand Theft Auto V 2015/04/14 プロセッサー: Core i5 3470 / AMD X8 FX-8350 4GHz
グラフィック: GeForce GTX 660 2GB / AMD HD7870 2GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Forza Horizon 5 2021/11/09 プロセッサー: Core i5-8400 or AMD Ryzen 5 1500X
グラフィック: GTX 1070 OR AMD RX 590
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam

複数のPCを利用したゲーム実況のセットアップ

複数のPCを利用したゲーム実況のセットアップ

ゲームプレイ用PCとストリーミング用PCの分離

ゲーム実況を成功させるためには、視聴体験を第一に考えた設備が重要です。

特に、ゲームプレイ用PCとストリーミング用PCを分けることは、高品質な配信を行う上での鍵となります。

この二つを別々に用意するメリットは、単にパフォーマンスの向上だけではありません。

ゲームプレイ用PCはその名の通り、ゲーム運用を専門に扱い、最大限のグラフィック設定とスムーズなフレームレートを保ちます。

一方でストリーミング用PCは、配信ソフトウェアの動作を担当し、エンコードや配信処理に特化した構成にすることで、プレイしている最中の負荷を軽減します。

さて、この二台のPCを効率良く連携させるには、適切なハードウェアとソフトウェアの設定が求められます。

通常、ゲームプレイ用PCから高品位なビデオ信号を取り出し、ストリーミング用PCに送信するためには、キャプチャカードの使用が一般的です。

このキャプチャカードがゲームの映像と音声を受け取り、ストリーミング用PCで認識させることで、配信の準備が整います。

配信ソフトウェアの設定は、映像品質と配信ビットレートのバランスに注意を払い、視聴者にとって快適なストリーミング環境を作り出すための調整が求められます。

このようなセットアップが整えば、実況者はゲームに集中することができ、同時に高品質な生配信を行うことが可能です。

実況配信のカリスマとして視聴者を魅了するためには、技術的な要素をしっかり抑えた上で独自のスタイルを確立することが不可欠です。

そして、そのスタイルを支える強力なPCセットアップが、確かな実況キャリアの基盤となるのです。

2台のPCを同時に利用する際の配線と設定

ゲーム実況において、2台のPCを利用する方法は高品質な配信を実現するのに非常に有効です。

このセットアップでは、1台がゲームプレイ専用、もう1台が配信・処理を担当します。

配信専用PCにはキャプチャーカードを組み込み、ゲームプレイPCの映像と音声を送信することが中心となります。

キャプチャーカード経由でHDMIケーブルを接続し、オーディオケーブルもしくはマイク入力を利用して音声の同期を取ります。

配信ソフトウェアであるOBSやXSplitを使って配信セッティングを行い、ストリーミングサービスに適したフォーマットで出力を設定します。

ここで注意すべきは、ゲーム実況をするPCは高性能であることが望ましい点です。

負荷の高い最新ゲームをスムーズに実行できるだけのグラフィックスカードとプロセッサを搭載し、快適なプレイ環境を確保する必要があります。

一方で配信専用PCは、エンコードや配信に特化しており、安定した配信を行うためにも十分な処理能力が求められます。

また、配信の信頼性を保つためには高速なインターネット接続が必須であり、有線接続が推奨されることを忘れないでください。

このように、複数のPCを利用したゲーム実況のセットアップは、適切な機器と正確な設定が求められますが、その分視聴者には一層クリアでプロフェッショナルな視聴体験が提供できるのです。

ゲーム実況PCのパフォーマンスを維持するメンテナンス

ゲーム実況PCのパフォーマンスを維持するメンテナンス

定期的に行うべきクリーニング

パフォーマンスの高いゲーム実況PCを長期間安定して活用するためには、こまめなクリーニングが欠かせません。

コンピュータは使用していると内部にホコリが蓄積し、それが熱の逃げ場を塞ぐことでシステムの冷却性能を低下させ、パフォーマンスの劣化や故障を引き起こす原因となります。

特にゲーム実況用のPCは高負荷がかかるため、こうした問題が起きやすいのです。

定期的なクリーニングには、ケース内部のホコリをエアダスターや専用ブラシを使って優しく除去する作業が含まれます。

また、クーラーやファンに付着したホコリは熱交換率を下げるので、特に念入りに掃除することをおすすめします。

さらには、グラフィックスカードやメモリー、その他の拡張カードを取り出して、接点を清潔に保つことも大切です。

ただし、クリーニング作業を行う際には静電気による損傷を避けるため、必ずアンチスタティックリストストラップなどを使用し、静電気防止対策を忘れずに行ってください。

また、パーツを分解や取り扱いをする際には、それぞれの機器の取り扱い説明書を読み、適切な方法で行うことが重要です。

クリーニングはPCの寿命を延ばし、快適なゲーム実況を持続させるためにも、ゲーム実況者にとって非常に重要な維持管理の一部になります。

ですから、最良のパフォーマンスを継続的に引き出すためにも、PC内部の清潔を保つ努力を惜しまないでください。

OSとドライバのアップデートの重要性

ゲーム実況に必要なPCのパフォーマンスを最大限に引き出すには、OSとドライバのアップデートは欠かせません。

最新のゲームを快適にお楽しみいただくためには、システムの安定性と互換性が大切です。

アップデートにより、セキュリティの向上とバグの修正が図られ、ゲーム実況中の予期せぬトラブルを防ぐことができます。

また、グラフィックカードやオーディオインターフェースなど、実況に不可欠な各種デバイスドライバも、定期的に更新することで最適な動作を維持します。

特にゲーム実況における映像と音声の品質は視聴体験を大きく左右するため、ドライバのアップデートは、映像の鮮明さや音声のクリアさを保つ上でも重要です。

オンラインでのレスポンス速度も改善され、よりスムーズなストリーミングが可能となります。

アップデートはシステムの全体的なパフォーマンスを向上させるためにも、実況プレイヤーにとって非常に価値のある作業と言えます。

このようにOSとドライバのアップデートを心がけることで、ゲーム実況の品質を上げるだけでなく、快適な実況環境を保ち続けることができます。

実況者の皆さんが最高のパフォーマンスを発揮できるよう、常にシステム環境を最新の状態に保つことをお勧めします。

ゲーム実況の世界では、技術的な問題による中断は視聴者の失望を招くこともあるため、日々のメンテナンスがその防止策となり得るのです。

実際のゲーム実況者に学ぶPC選びのコツ

実際のゲーム実況者に学ぶPC選びのコツ

成功するゲーム実況者のPC選びの視点

成功するゲーム実況者は、彼らのPC選びに特有の視点を持っており、これが視聴者を魅了する配信の品質を大きく左右しています。

まず重要なのは、ゲーム実況に求められるPCの性能理解です。

例えば、最新の3Dゲームを滑らかにプレイし、同時に高解像度で配信するには、高性能なグラフィックカードが必要不可欠です。

また、複数のアプリケーションを同時にスムーズに動作させるためには、十分なRAMと高速なCPUが求められます。

ゲーム実況者はこれらの要件を踏まえ、将来的なゲームのトレンドやアップデートを見越して、余裕を持ったスペック選びをします。

さらには、長時間の配信によるPCの熱暴走を避けるため、冷却システムにも注意を払います。

PCケースの換気性能や水冷システムを選ぶことで、安定したパフォーマンスを保つことができるのです。

音質もまた、視聴体験に大きく影響しますから、ノイズキャンセリング機能付きのマザーボード選びや、良質なサウンドカードへの投資は視聴者を飽きさせないための秘訣です。

究極的には、ゲーム実況者としての独自性もPC選びに反映されます。

独自の編集ソフトや、視聴者とのコミュニケーションを取るための特別なツールを快適に動作させることができるかどうか、これも選ぶべきPCの要件となるでしょう。

以上の点を踏まえたPC選びこそが、他のゲーム実況者と一線を画し、最高の視聴体験を提供する秘訣です。

ゲーム実況のトレンドとPCの進化

ゲーム実況のトレンドは、常に変化するゲーマーのニーズと密接に連動しています。

高解像度の映像が求められる現在、実況用のPCは高性能なグラフィックスカードを必要とし、かつては手が届かなかった4K解像度の配信も新たな標準として定着しつつあります。

また、ライブ配信中の複数タスク処理能力は、迅速なレスポンスと円滑なインタラクションのために不可欠です。

こうした背景を反映するように、PCの進化は目覚ましく、最新のCPUやGPUはゲーム実況の要求する処理能力を軽々とこなすだけでなく、長時間の使用にも耐える耐久性を備えています。

ストリーミング用のソフトウェアも日々洗練されており、高いクオリティで配信するための様々な機能が実装されています。

さらに、視聴者とのコミュニケーションを補完するために、ウェブカメラやマイクロフォンの技術も進歩し、より透明感のある音声とクリスタルクリアなビジュアルを提供します。

これにより、リアリティーあふれる実況体験が実現し、視聴者がゲームの世界に一層引き込まれることでしょう。

一方、実況者が直面する新しい課題も存在します。

たとえば、より多くの視聴者にリーチするためには、ライブ配信の際の帯域幅やデータの圧縮技術にも注目が集まっており、効率よく高画質な配信を実現するためのソリューションが求められています。

こうしたトレンドと進化を理解してPCを選ぶことは、ゲーム実況者が持つべき知識であり、視聴者への最高のエンターテイメントを提供するうえで不可欠です。

成功するゲーム実況者は、時代の先端を行くPCの性能とトレンドを見極め、それを自身のスタイルに落とし込んで活用することが鍵となります。


あわせて読みたい

ゲーム配信PC選択術 スペック優先で勝ち抜くストリーミング

BTO PCメーカーの特徴と口コミ評判比較

ゲーム改革! スペックに秀でたPC導入手引き

ゲーミングPC Z

モダンデザインの制作に最適! WEBデザイナーのためのおすすめパソコン

おすすめゲーミングPCライフ

システムエンジニア向けパソコン推薦モデル パフォーマンスリーダー

静音PC&BTOパソコン

映像制作マジック パソコンの性能で創造性を解放

BTOパソコン シックス

フルカスタマイズ可能! 究極のBTOパソコン選び方大全

えぐぜくてぃぶなPC

ゲーム実況のプロへ! おすすめPC選択ガイド2024

BTO PCメーカーの特徴と口コミ評判比較

視聴者を惹きつける! ライブ配信用おすすめPCの選び方

ゲーミングPC Z

CPUを極める! ヘビーユーザー向けBTO PC完全ガイド

静音PC&BTOパソコン

マンガ制作向け! コストパフォーマンス抜群のおすすめPC紹介

おすすめゲーミングPCライフ

予算別で選ぶ、価格パフォーマンスに優れたおすすめBTOパソコン

BTO PCメーカーの特徴と口コミ評判比較

生成AIを見据えた未来設計! 最前線のおすすめPCナビ

BTOパソコン シックス

グラフィックデザイナーの選択 おすすめCore i7搭載PC

えぐぜくてぃぶなPC

ライブ配信のためのおすすめPC 飛躍するための選択肢

静音PC&BTOパソコン

音楽制作PCのフル活用! おすすめDTMセットアップガイド

ゲーミングPC Z

映像制作プロダクション必見! コストパフォーマンス抜群のパソコン選定法

BTO PCメーカーの特徴と口コミ評判比較

プレイスタイル別! ゲーミングデスクトップPC完全購入マニュアル

おすすめゲーミングPCライフ

ストリーマー必見! ライブ配信用PC選びの決定版チェックリスト

えぐぜくてぃぶなPC

ゲーミングPC選び方の失敗しないコツ 性能チェックリスト付き

BTOパソコン シックス

ゲーム実況パソコン入門者必見! フォロワーが増えるスペックの秘訣

静音PC&BTOパソコン

PCゲームマスターのための究極PC選びガイド!

ゲーミングPC Z

RTX4070Ti SUPER対応! ハイエンドPC選びの秘訣

BTO PCメーカーの特徴と口コミ評判比較

AIイラストで差をつける! 最新おすすめPCスペックガイド

おすすめゲーミングPCライフ

速攻決定版! 最新おすすめホワイトゲーミングPCガイドブック

おすすめゲーミングPCライフ

PCゲームの快適性を追求するハードウェアガイド

BTO PCメーカーの特徴と口コミ評判比較

自動生成の新時代! AIイラストを支えるPC選びの全知識

えぐぜくてぃぶなPC

時短ワーカー必見! 効率的な仕事を支えるおすすめパソコン

BTOパソコン シックス

おすすめのゲーム配信PC 予算ごとのベストピックを紹介

ゲーミングPC Z

RTX4070 SUPERでリアルを超える! おすすめVRゲーミングPC選択術

静音PC&BTOパソコン

パソコン選び方入門 2024年おすすめモデルランキング

BTO PCメーカーの特徴と口コミ評判比較

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次