最強ゲーム実況セットアップ! スペックから選ぶおすすめPC

目次

最強ゲーム実況セットアップを選ぶ基準

最強ゲーム実況セットアップを選ぶ基準

必要最低限のPCスペックとは

最強ゲーム実況セットアップを選ぶ際に外すことのできないのがPCスペックの考慮です。

ゲームプレイをスムーズかつ高画質で配信するためには、グラフィック処理能力が高いグラフィックカードが不可欠となります。

例えば、NVIDIAのGeForce RTXシリーズやAMDのRadeon RXシリーズが推奨されることが多いです。

CPUは、マルチタスク処理能力が求められるため、Intel Core i7やAMD Ryzen 7以上の性能を持つものが望ましいです。

また、快適なゲーム実況には十分な容量のRAM, 通常は16GB以上、ゲームデータや録画データを保存するための大容量SSDも重要です。

さらに、実況時の処理負荷を減らすためにストリーミング用のキャプチャーボードを使うことで、PCへの負担を分散させる工夫も効果的です。

このように、ゲーム実況専用のPCを選ぶ際にはゲームの種類や、同時に実行するソフトウェア、配信の画質など多岐にわたる要素を総合的に考慮する必要があり、どれも見落とすことのできない重要な点です。

高性能なPCを構成することで、視聴者に快適なストリーミング体験を提供し、実況者としての価値を高めることができるのです。

高画質ゲーム実況におすすめのPCスペック

高画質ゲーム実況におすすめのPCスペックを選ぶ際には、数多くの要素を考慮する必要があります。

まずはプロセッサーです。

ゲームと同時に放送ソフトを動作させ、時には複数のプログラムを扱うため、Intel Core i7以上またはAMD Ryzen 7シリーズ以上が理想的です。

これによりゲームプレイの処理だけでなく、ストリーミング時のエンコード作業もスムーズに行うことができます。

次にメモリです。

ゲーミングPCのメモリは最低でも16GBを目安とし、充実したマルチタスク環境を実現するには32GBを推奨します。

ストレージに関しては、速度の速いSSDを主軸に据え、オペレーティングシステムやゲーム、配信ソフトウェアなどをインストールすることで快適な動作が保証されます。

加えて、大容量のデータを保存する場合には、追加のHDDや高容量SSDが求められます。

映像の鮮明さが求められる実況には、グラフィックカードも非常に重要です。

RTX4070やRX 7800といった高性能なグラフィックカードを選べば、4K解像度でのゲーム実況も行えるため、視聴者に対して高品質な映像体験を提供することが可能です。

最後に冷却システムを見落としてはなりません。

強力なスペックを維持するためにも、適切な冷却能力を持つPCケースや水冷システムを選択することで、長時間のゲーム実況においても安定したパフォーマンスを継続することができます。

これらのスペックを備えたPCを選ぶことで、滑らかなストリーミングと高品質なゲームプレイが実現し、視聴者にとって魅力的なゲーム実況が提供されるでしょう。

ストリーミングと編集作業に適した構成

ゲーム実況における最強のセットアップを目指す場合、ストリーミングと編集作業に適したコンピュータ構成が不可欠です。

ストリーミングではリアルタイムでの配信が要求されるため、高い処理速度と安定したインターネット接続が求められます。

具体的には、強力なマルチスレッド性能を持つCPU、十分な数のコアを有することで、ゲームのプレイと同時に配信ソフトウェアがスムーズに動作することを保証します。

また、高品質なゲーム画像を滑らかに表示するためには、パワフルなグラフィックカードが不可欠です。

これにより、高解像度でのゲーミングと、視聴者に鮮明なストリーム提供が可能となります。

高速なSSDの使用も重要で、これによりゲームのロード時間が短縮され、編集作業時のファイルの読み書き速度が向上し、作業効率が大幅にアップします。

さらに、ライブストリーム中にエンコーディングを行うためにも迅速かつ効率的なメモリが必要です。

容量の大きいメモリを搭載することで、多くのプログラムやタスクを同時に処理するマルチタスキングが可能となり、ストリーミング中の不測の遅延を最小限に抑える事ができます。

つまり、ゲーム実況用のPCセットアップを選ぶ際には、プロセッサ、グラフィックスカード、ストレージとメモリのスペックが、ストリーミングの質と編集作業の効率を直接的に左右するため、それらを慎重に選定することが重要です。

これにより、視聴者に高品質なストリーミング体験を提供し、同時に質の高いコンテンツ制作を実現させることができるのです。

ゲーム性能を最大限に引き出すグラフィックカード選び

ゲーム性能を最大限に引き出すグラフィックカード選び

人気のグラフィックカードランキング

ゲーム実況を行う上で、滑らかで美しい映像を維持するためには優れたグラフィックカードが必須です。

昨今の人気グラフィックカードランキングを見てみると、NVIDIAのGeForce RTX4080はその高性能でトップクラスに君臨し続けています。

その理由は、リアルタイムレイトレーシングやAIによる画像処理技術DLSSを駆使し、画質を落とさずに高いフレームレートを保ち続ける能力にあります。

また、ライバルのAMDからはRadeon RX 7800 XTが名を連ね、パワフルな演算能力でゲーム実況の需要に応える存在感を示しています。

さらにNVIDIAからはエントリーモデルのRTX4060 Tiが、コストパフォーマンスに優れた選択として多くの実況者から支持を受けています。

これらのグラフィックカードは、新作ゲームをはじめとする多種多様なゲームにおいて、細部にまでこだわった映像美と滑らかな動作を提供し、視聴者に最高の視聴体験を与えるための心強い味方となっています。

これからゲーム実況を始める方々、あるいは機材のグレードアップを考えているベテラン実況者も、自身の配信するゲームのジャンルや求める画質、そして予算を総合的に判断し、最適なグラフィックカードを選ぶことが極めて重要です。

高性能なグラフィックカードへの投資は、より多くのフォロワーを引き付けるための確かな一歩となるでしょう。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 36064 74300 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 29990 73593 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 29040 68492 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 26085 67669 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23654 55777 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 19863 50598 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19176 51248 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 17912 45990 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 16936 42547 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13417 34691 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13416 35142 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13301 34508 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12424 30452 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10791 31815 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10621 28651 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10612 27566 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7312 19667 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6252 16080 130W 公式 価格
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

ゲームタイトル別の推奨GPU

ゲームの世界観に浸り、キャラクターたちが生き生きと動く姿を見ていると、その背後にある技術への関心が湧いてくるものです。

特にゲーム実況では滑らかな映像表現が視聴者を惹きつける要となり、そこで重要な役割を果たすのがグラフィックカードです。

AAAタイトルであればあるほど、リアルなテクスチャーや光影の演出には高性能なGPUが求められます。

例えばCyberpunk 2077などのハイエンドゲームでは、NVIDIAのRTX4080以上を推奨します。

これにより、レイトレーシングによる圧倒的な映像美を実現し、視聴者をその世界に引き込むことができます。

一方で、ゲーム実況者には、比較的軽量ながらも人気のAmong Usのようなタイトルもあります。

こうした場合は、RTX4060やRTX4070といった中堅クラスのグラフィックカードでも存分にその魅力を伝えることが可能です。

これらのカードはコストパフォーマンスに優れており、始めてゲーム実況に挑戦する方にも最適です。

さて、League of Legendsのようなeスポーツタイトルに目を向ければ、フレームレートの安定が極めて重要になります。

ここでは、高性能だが手の届きやすいグラフィックカードが必要とされ、RTX4070やRX 7800などがそのニーズを満たします。

ゲームのスピード感を損なわず、迫力あるプレイを余すことなく実況できるのです。

ゲーム実況を行なうPCのグラフィックカード選びは、タイトルによって異なる要求に応じたものでなければなりません。

視聴者に最高の体験を提供するためにも、選択は慎重に行うべきです。

それが、ゲームタイトルの世界を最大限に引き出し、鮮やかに実況する第一歩となるのです。

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BL

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BL

ヘビーユーザーを魅了する高性能ゲーミングPC、集中力を高めるサイレント設計で戦場を制圧!
32GBメモリと1TB高速SSD、バランス良いパワーでゲームも作業もスムーズに応答
ホワイト塗装のクリーンなデザイン、内部のRGBが輝くクリアパネルで美しさも冷却性能も両立
Core i7 14700搭載、マルチタスクでもスムーズな応答性で作業効率アップ

【ZEFT Z47BL スペック】
CPUIntel Core i7 14700 20コア/28スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H7 Flow RGB White
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BL

パソコンショップSEVEN ZEFT Z51GV

パソコンショップSEVEN ZEFT Z51GV
【ZEFT Z51GV スペック】
CPUIntel Core i9 14900F 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースAntec P10 FLUX
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z51GV

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48CB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48CB

ハイエンドパフォーマンスを携えた、過酷なバトルにも耐えうるゲーミングPC
豪華三昧スペックで、フルスロットルの極み体験を提供
エアフロー最適化された美麗筐体、Corsair 4000Dで、スタイリッシュな設置を保証するPC
快速Core i7-14700F搭載、マルチタスクもスムーズにこなすマシン

【ZEFT Z48CB スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6300Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z48CB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48GA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48GA

究極のゲーム体験をコミットする、エクセプショナルミドルクラスゲーミングマシン
頂点を極めるバランス―最新のSSD速度と圧倒的グラフィックパワー
静かな威厳、ミドルタワーケースの洗練されたスチールデザイン
超絶速Core i9 14900F、プロセッサの極みでタスクを瞬時に処理

【ZEFT Z48GA スペック】
CPUIntel Core i9 14900F 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Corsair製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z48GA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52CK

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52CK
【ZEFT Z52CK スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H7 Flow RGB White
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52CK

予算別最適グラフィックカード選定法

スペックを選ぶ際に、ゲーム実況を見据えたグラフィックカードの選定は壮絶な作業になることがあります。

実況といえど、視聴者に最高の画質を保証したい。

それでは、予算に応じたグラフィックカードを見ていきましょう。

予算が限られている方でも、フルHD解像度で手堅く実況を行いたい場合、NVIDIAのRTX4060シリーズやAMDのRadeon RX 7600 XTが適切です。

これらはコストパフォーマンスが高く、多くのゲームを60FPS以上で扱える力を持っています。

一方で、もう少し余裕がある場合、NVIDIAのRTX4060やAMDのRadeon RX 7700 XTは中位の価格帯でありながら、高解像度とレイトレーシングのサポートを実現しており、より鮮明で臨場感あふれる実況が可能となります。

最高の画質で臨むなら、NVIDIAのRTX4080や最新のRTX4080、AMDのRadeon RX 7800 XTは4K解像度でのゲームプレイを快適に実況できる性能を搭載しており、競合するライバルたちとの差を明確に打ち出すことができるでしょう。

しかし、最適なグラフィックカードを選ぶ際は、単に性能と予算だけでなく、自らの実況したいゲームの要求スペックや配信するプラットフォームの仕様も考慮することが肝要です。

今日の配信環境は迅速に進化しており、適切な選択は数か月後も持続すべきだと考えられます。

以上が賢明なグラフィックカード選びのための参照ポイントです。

高品質なゲーム実況を目指すならば、これらの要素を総合的に比較しながら、最適な選択を行ってください。

スムーズなゲーム実況に不可欠なCPU

スムーズなゲーム実況に不可欠なCPU

マルチタスキングに強いCPUモデル

スムーズなゲーム実況を実現するためには、マルチタスキング性能の高いCPUの選択が重要です。

ゲーム実況を行う際のパフォーマンスへの要求はただゲームをプレイするだけではなく、ゲームプレイの録画やストリーミング、チャットへの対応といった複数のタスクを同時に処理する必要があるためです。

特に推奨されるのは、高速なクロックスピードと複数のコアを持つCPUモデルが理想的と言えます。

例えば、AMDのRyzenシリーズやIntelのCore i7以上のモデルは、高い処理能力と効率的なマルチスレッド性能を持ち合わせているため、これらのCPUはゲーム実況時に多くのプロセスを効率良くこなすことができます。

重要なのは、ゲームプレイだけでなく、エンコード作業やオーバーレイの追加、複数のアプリケーションの同時実行なども考慮して、その中から最適なCPUを選ぶことです。

ゲームと実況用ソフトウェア間のデータのやり取りが多く発生するため、これを快適に処理できるCPUを選ぶことが、無理なく高品質なストリーミング配信を行うための鍵となっています。

このように、ゲーム実況においてCPUはゲームをプレイするだけではなく、ストリーミング配信においても中心的な役割を果たします。

このため、適切なCPUを選ぶことは実況プレイヤーにとって非常に重要な決断と言えるでしょう。

適切な選択を行うことで、視聴者に快適な視聴体験を提供し、より多くのファンを獲得することができるのです。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 41074 2424 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41024 2364 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41024 2364 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38498 2084 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38422 2055 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35426 2241 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35426 2241 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33681 2214 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33681 2214 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32458 2108 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32458 2108 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29185 2046 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 28786 1975 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 26972 2051 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24581 2109 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24581 2109 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 22024 1955 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20315 2021 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19459 1943 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17689 1821 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16008 1783 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16008 1783 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15252 1987 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9053 1752 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9053 1752 公式 価格

ゲーム実況用CPUと互換性を考慮した選び方

ゲーム実況用CPUを選ぶ際には、そのパフォーマンスと互換性が鍵となります。

高負荷がかかるゲームを快適にプレイしつつ、リアルタイムでストリーミングするためには、多くのスレッドと高い処理速度を持つCPUが欠かせません。

例えば、IntelのCore i7やi9シリーズ、AMDのRyzen 7やRyzen 9シリーズがそのような要求を満たすことで知られています。

さらに重要なのは、選んだCPUがマザーボードとの互換性を持つことです。

これは、CPUソケットがマザーボードのものと一致していなければならないという意味です。

Intel製品の場合はLGAソケット、AMD製品の場合はAM4ソケットを持つマザーボードを選ぶことが一般的です。

この組み合わせにより、システム全体の安定性とパフォーマンスの最適化を図ることができます。

また、CPUが発揮するポテンシャルを最大限に引き出すためには、適切な冷却システムを設けることが重要です。

高いオーバークロック能力を持つCPUを選んだ場合、それに見合った水冷または空冷システムの導入が推奨されます。

このように、CPU選びは単にスペックだけでなく、システム全体との調和を考慮した選択が必要です。

結局のところ、ゲーム実況用のPCを組み立てるときには、CPUの選択がその性能を決定づける要因であり、長期的な視点での投資として考える必要があります。

適切な組み合わせが、最適なゲーム実況環境を創り出し、視聴者に滑らかで質の高いコンテンツを届けることに直接繋がるのです。


CPUのベンチマーク比較で見る性能差

スムーズなゲーム実況に不可欠なCPUの核心は、その性能をどう判断するかにあります。

ここでは、CPUのベンチマーク比較を通じて、ゲーム実況における性能差を明らかにします。

ベンチマークテストとは、複数のCPUの処理能力を様々なシナリオ下で計測し、それぞれの性能を数値化することで、その差を可視化する技術です。

ゲーム実況に最適なPCを選定する際は、主にマルチスレッド性能とシングルスレッド性能の2つの指標が重要になります。

マルチスレッド性能は、複数のタスクを同時にこなす能力を示し、ゲームの同時処理やライブストリーミングのエンコードといった重たい作業をスムーズに行う際に必要です。

反対に、シングルスレッド性能は単一の処理に対する能力を表し、ゲームのフレームレートを向上させるのに寄与します。

ベンチマークスコアを比較すると、各CPUのこれらの性質が明確になり、ビルドに最適な選択が可能となります。

しかし、ただベンチマークスコアが高いからといって、それがあなたのゲーム実況に最適だとは限りません。

実際の使用シナリオや必要とするソフトウェアの要件と照らし合わせることで、最もバランスの取れたCPUを選ぶべきです。

例えば、特定のゲームがマルチコアをフルに活用するデザインならば、マルチスレッド性能が高いCPUを選ぶことが合理的です。

逆に、シングルコア性能が優れることでフレームレートの向上を求めるタイトルなら、その指標を重視すべきでしょう。

このように、ベンチマーク比較で見る性能差は、ゲーム実況用PC選びにおける必須の指針です。

性能だけでなく、使用環境や目的に応じた最適なCPU選びこそが、最強の実況セットアップへの近道と言えます。

安定したゲーム実況体験のためのメモリとストレージの選び方

安定したゲーム実況体験のためのメモリとストレージの選び方

十分なメモリ容量の重要性

ゲーム実況では、華麗なプレイを存分に鑑賞してもらうためにも、滑らかで快適なパフォーマンスが不可欠です。

その中核を担うのがメモリ容量の果たす役割であり、適切な選択がストリーミングの品質を左右します。

メモリ容量は、ゲームだけでなく、実況配信に利用するソフトウェアも同時に動作させる必要があり、これらのアプリケーションが同時にリソースを消費します。

十分なメモリ容量があれば、ゲームのロード時間の短縮や、フレームレートの安定といったメリットが享受できます。

特にゲーム実況においては、16GB以上のメモリを搭載したPCが推奨されます。

なぜなら、複数のプロセスをスムーズに実行して、視聴者に最高のエンターテインメントを提供するには、このくらいの容量が必要とされるからです。

さらに、高解像度でのストリーミングや編集作業を行う場合、32GBやそれ以上の大型メモリが求められることも珍しくありません。

ストレージに関しても、ゲームのインストールや動画の保存には十分な容量が求められます。

しかし容量だけでなく、アクセス速度も重要な要素です。

高速なSSDを選択することにより、ゲームのロード時間を大幅に削減し、さらに実況配信のなめらかさにも寄与することに繋がります。

これらの要素が組み合わさることで、視聴者は途切れることなく、緊張感と興奮を共有することができます。

最終的に、メモリとストレージの選び方は、ゲーム実況の品質を向上させ、視聴者にとって忘れがたい体験を提供するためには不可欠であると言えるでしょう。

ですので、パフォーマンスと価格のバランスを考慮し、ゲーム実況用のPCを選ぶ際は、十分なメモリ容量と速度の応答性に優れたストレージの確保に注力することが重要です。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47G

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47G

高速ゲーム描画と快適ワークスペースを両立、パワーあるスタンダードゲーミングPC
32GBの大容量メモリとRTX 4060のコンボが、高負荷ゲームも安心のバランス体験を提供
スタイリッシュなスチールサイドパネルが、洗練されたミドルタワーケースの静かな美学を主張
Core i5 14400Fのクロックで、あらゆる計算を速く、正確に処理

【ZEFT Z47G スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5000Gbps/3900Gbps KIOXIA製)
ケースThermaltake Versa H26
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47G

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BYCR

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BYCR

力強さと洗練を兼ね備えた、究極のアドバンスドゲーミングPC
ハイティアCPUと最新RTXで、ゲームも作業もスムーズにこなすバランスの良いスペック
RGBライトが魅せるデザイン、Corsair 5000Xケースでスタイルも機能も完璧
フラッグシップの速さ、Core i9 14900Fが異次元の計算力を提供

【ZEFT Z47BYCR スペック】
CPUIntel Core i9 14900F 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair iCUE 5000X RGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BYCR

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DI

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DI

魅了するパワーとスタイル、ゲーミングPCの新星、強力な性能を誇るモデル
32GB DDR5 & 2TB NVMe SSD、高速かつ広々、最適なスペックの絶妙バランス
Crystal Clear Vision、Corsairの流麗な筐体でスタイルと機能性を両立
Ryzen 7 7700、革新的な速さで、あらゆるタスクを軽々とこなすCPU

【ZEFT R56DI スペック】
CPUAMD Ryzen7 7700 8コア/16スレッド 5.30GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R56DI

パソコンショップSEVEN ZEFT R55B

パソコンショップSEVEN ZEFT R55B

502 Bad Gateway

502 Bad Gateway



cloudflare


【ZEFT R55B スペック】
CPUAMD Ryzen7 7700 8コア/16スレッド 5.30GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R55B

SSDとHDD、ゲーム実況に適した選択肢は

ゲーム実況において快適なプレイと同時進行のライブストリーミングを実現するためには、ストレージの選択がカギを握ります。

SSD(ソリッドステートドライブ)は、機械的な動作がないため読み書き速度が速く、システムの起動やゲームのロード時間を格段に短縮してくれます。

その反面、HDD(ハードディスクドライブ)は容量当たりの単価が安いため、大量のゲームデータや録画ファイルを保存する場合にはコストパフォーマンスが優れています。

ゲーム実況においては、高速なアクセス速度が求められることから、SSDが推奨されるケースが多いです。

特にオープンワールドのような大容量のデータを扱うゲームをスムーズにプレイするためには、SSDの速度は大きなアドバンテージになります。

しかし、長時間の実況には膨大な記録データが発生するため、HDDを併用することでコストを抑えつつ必要なストレージスペースを確保することが可能です。

結論として、ゲーム実況に適した選択肢はSSDとHDDの組み合わせです。

システムやよく使うゲームはSSDにインストールし、録画データや頻繁にプレイしないゲームについてはHDDに保存することで、パフォーマンスと経済性のバランスを取ることができます。

ストレージの構成を適切に設計することで、快適なゲームプレイと実況配信を実現することが可能になります。

SSD規格一覧


ストレージ規格 最大速度MBs 接続方法 URL_価格
SSD nVMe Gen5 16000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen4 8000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen3 4000 m.2 SSDスロット 価格
SSD SATA3 600 SATAケーブル 価格
HDD SATA3 200 SATAケーブル 価格

読み書き速度がゲーム配信に与える影響

読み書き速度が高速なストレージは、ゲーム実況にとっての生命線です。

ゲームプレイ時、特に高負荷となるシナリオや大規模なオンライン対戦では、データの読み込みと保存の速さがゲームの快適性を左右します。

たとえば、SSDの高速読み書きは、ロード時間を劇的に短縮し、中断されることのないスムーズなゲーム配信に寄与します。

また、動画のエンコードや同時進行するストリームのアップロードにおいても、ストレージのパフォーマンスが安定した配信品質を保つ鍵となります。

エンコード時のデータの一時保存や複数のアプリケーションがバックグラウンドで動作するとき、ストレージの速度が遅いと処理のボトルネックが生じ、配信中のフレーム落ちやカクツキなど、視聴体験を損ねる可能性があります。

こうした技術的なトラブルは視聴者の満足度を下げ、チャンネルの成長にも影響を与えかねません。

それを避けるためにも、NVMe接続のSSDなど、最新の高速ストレージ技術を活用することが推奨されます。

最終的に、ゲーム実況を行うPCのストレージは、単にゲームプレイの反応速度だけではなく、配信自体の品質と視聴者に提供する体験全体に影響を与える重要な要素です。

適切なストレージ選びは、快適な実況生活をサポートし、長期的な視聴者の獲得へとつながる投資と言えるでしょう。

長時間のライブ配信に耐える冷却システム

長時間のライブ配信に耐える冷却システム

PC冷却の基本と推奨クーラー

ゲーム実況PCを構築する上で、冷却システムは性能維持と安定稼動の要となります。

特に長時間のライブ配信では、高い負荷がかかり続けるため、適切な冷却が不可欠です。

PC冷却の基本は、プロセッサーとグラフィックカードに発熱源を集中しているという事実に注目し、これらのコンポーネントから効果的に熱を逃がすことにあります。

一般的なエアクーリングシステムは、ヒートシンクとファンを用いて空気の流れを利用して熱を放出します。

しかしながら、ゲーム実況におけるPCは、常に高性能を発揮し続ける必要があるため、より冷却能力の高い水冷システムが推奨されます。

水冷システムは、水の優れた熱伝導率を用いて熱を液体に移し、ラジエーターで冷却した後に再びコンポーネントへ戻します。

これにより、エアクーリングに比べて静音性が高く、さらに優れた冷却効果を発揮します。

推奨する水冷クーラーには、高耐久かつ高性能なポンプを搭載し、広範囲のCPUソケットに対応するモデルを選ぶことが重要です。

幅広いサイズのラジエーターを持つモデルも市場にはあり、使用するPCケースのサイズとの兼ね合いを考慮して選択することにより、最適な冷却効果を得ることができます。

また、メンテナンスの手軽さや拡張性も重要なポイントです。

これらを意識してセレクトすることで、ゲーム実況PCは長時間のライブ配信においても安定したパフォーマンスを維持することが期待できます。

需要に応じた適切なシステムの選択は、配信者にとって信頼性のある環境を築く上で不可欠なのです。

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DT

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DT

パフォーマンスと快適性を両立したゲーミングPC、デジタル戦場を制覇するために
ずば抜けた応答速度、32GB DDR5メモリと1TB SSDで、スムーズなゲーミング体験をコミット
Corsair 4000D Airflow TGケースで優れた冷却性と視覚的魅力を提供するスタイリッシュマシン
Ryzen 7 7800X3Dが、前代未聞の速度であなたを未来へと導くCPUパワー

【ZEFT R56DT スペック】
CPUAMD Ryzen7 7800X3D 8コア/16スレッド 5.00GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R56DT

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ACR

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ACR

熱いバトルを支配する、プロフェッショナルグレードのゲーミングPC
力強い性能の調和―32GBメモリと1TB NVMe SSDの極上の組み合わせ
視覚を刺激する、Corsair 5000X RGB―美しさが光るケースに息をのむ
Core i7の力で未来を切り拓く―応答速度と効率性を兼ね備える

【ZEFT Z45ACR スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Gskill製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6300Gbps WD製)
ケースCorsair iCUE 5000X RGB
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ACR

パソコンショップSEVEN ZEFT G42DCE

パソコンショップSEVEN ZEFT G42DCE

パワーと美しさを兼ね備えたアドバンスドパフォーマンスグレードのゲーミングPC
頂点を極めるバランス、最新Core i7とRTX 4070Tiの強力コンボ
悠然と映えるホワイトタワー、NZXT H6 Flowの優雅なデザイン性
快適な動作を保証するインテルの心臓部、パワフルCore i7で差をつけろ

【ZEFT G42DCE スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H6 Flow White
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT G42DCE

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DU

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DU

最新技術で魅了するエクストリームゲーミングPC、勝利をさらに美しく演出
バランス感覚が光る、驚異の32GBメモリ&1TB SSD, 快速体験をデスクトップへ
透明な風を彩るCorsair 4000Dケース、スタイリッシュな透過美を堪能するデザインモデル
Ryzen 7 7800X3Dで、PCの心臓部もパワフルアップ、次世代の速さを体感

【ZEFT R56DU スペック】
CPUAMD Ryzen7 7800X3D 8コア/16スレッド 5.00GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R56DU

ゲーム実況中のオーバーヒートを防ぐコツ

ゲーム実況中のオーバーヒートを防ぐことは、パフォーマンスを維持し、ハードウェアの寿命を延ばす上で重要です。

高い負荷がかかるゲームプレイを長時間配信するためには、効率的な冷却システムが不可欠です。

そこで心がけたいのは、定期的なエアフローの確保です。

ケース内のホコリを定期的に掃除することで、空気の流れを妨げる障害物を取り除き、内部の温度上昇を抑えます。

また、高品質のサーマルペーストをCPUやGPUに適切に塗布することが、熱伝導率を高めるために役立ちます。

次に、ケースのファン配置ですが、前面には吸気用ファン、背面や上部には排気用ファンを備え、熱気は自然と上昇するため、この配置によって熱の自然対流を促進することができます。

さらに、高性能なCPUクーラーや水冷システムを採用することで、特に発熱が激しいゲーム中でもCPUの温度を効果的に下げることが可能です。

最後には、オーバークロックには細心の注意を払い、安定した動作のためにも過度な設定を避けるべきです。

結果として、冷却システムの負担を軽減し、長時間にわたるゲーム実況配信でも快適なパフォーマンス維持を実現することができます。

効果的な冷却は、最高のゲーム実況体験を生み出す上で決定的な要素となるのです。

静音性を確保した冷却システムの構築方法

長時間のライブ配信は、ゲーム実況のパフォーマンスと視聴体験の質に直結しますが、それを支えるためにはPC内部の温度管理が極めて重要です。

静音性を確保しながら効果的に冷却するシステムを構築するには、特に高品質な冷却ファンの選択が肝心です。

その中でも、流体軸受を採用したファンは回転時の摩擦を大幅に減少させ、その結果、静かな運転音を実現し、長時間の使用でも安定した冷却能力を発揮するメリットをもたらします。

加えて、適切なケース内レイアウトによってエアフローを最適化することは、部品への冷気の供給を均等にし、熱の滞留を防ぐ効果を高めます。

また、高性能のCPUクーラーやGPUクーラー、さらには水冷システムの導入を検討することも大変有効です。

特に水冷システムはその強力な冷却力と低騒音で多くの実況プレイヤーに支持されており、大量の熱を発する高スペックなPCには特に適しています。

冷却システムの選定にあたっては、その冷却性能だけでなく、騒音レベルも重視することで、集中力を維持し、快適な実況環境を実現することができるでしょう。

配信中に耳障りなファンノイズが入り込むことなく、視聴者に清々しいストリーミング体験を提供するためにも、静音性に優れた冷却システムへの投資は惜しまれるものではありません。

優れた静音性を持つ冷却システムにより、ストレスなく長時間のゲーム実況に挑むための環境を整えることが出来るのです。


ゲーム実況を盛り上げる周辺機器

ゲーム実況を盛り上げる周辺機器

ストリーミングで役立つ高品質マイク

ゲーム実況の品質を左右する重要な要素の一つが、視聴者にクリアな音声を届ける高品質マイクです。

優れたストリーミング経験を提供するためには、ゲームのサウンドトラックや効果音だけでなく、実況者の声もはっきりと聞き取れることが不可欠であり、ここで高品質マイクの役割が浮き彫りになります。

実際に多くのプロストリーマーやYoutubeクリエイターは、ノイズキャンセリング機能を備え、感度が高くクリアな収音能力を持つマイクを選んでいます。

これにより、彼らは自宅にいながらにして、スタジオ品質の音声を配信することが可能になるのです。

また、実況時にはマイクの位置や角度が非常に重要です。

最適な位置にマイクを設置することで、口元から発せられる音声をダイレクトに捉えることができ、それにより視聴者に心地よいオーディオ体験を提供することができます。

さらに、信頼性が高く環境ノイズを適切に抑制できるマイクスタンドやアームの使用も、プロフェッショナルな実況を支える隠れた要素です。

なお、マイクにはコンデンサー型やダイナミック型などの種類があり、それぞれに特色がありますが、生放送や実況には特にコンデンサー型マイクが推奨されることが多いです。

このように、優れたストリーミング体験をファンに提供したいと考えている実況者にとって、高品質マイクの選択と設置は実況の質を飛躍的に向上させる鍵となります。

適切なマイクを選び、正確なセットアップを行うことで、ゲームの没入感を高めるだけでなく、自身の個性や魅力も最大限に引き出すことができます。

人気PCゲームタイトル一覧


ゲームタイトル 発売日 推奨スペック 公式
URL
Steam
URL
Street Fighter 6 / ストリートファイター6 2023/06/02 プロセッサー: Core i7 8700 / AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: RTX2070 / Radeon RX 5700XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Apex Legends / エーペックスレジェンズ 2020/11/05 プロセッサー: Ryzen 5
グラフィック: AMD RadeonR9 290, GeForce GTX 970
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
ELDEN RING / エルデンリング 2022/02/25 プロセッサー: Core i7-8700K or Ryzen 5 3600X
グラフィック: GeForce GTX 1070 or AMD RADEON RX VEGA 56
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ペルソナ3 リロード 2024/02/02 プロセッサー: Core i7-4790, AMD Ryzen 5 1400
グラフィック: GeForce GTX 1650, 4 GB, AMD Radeon R9 290X, 4 GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
TEKKEN 8 / 鉄拳8 2024/01/26 プロセッサー: Core i7-7700K/AMD Ryzen 5 2600
グラフィック: GeForce RTX 2070/AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Palworld / パルワールド 2024/01/19 プロセッサー: Core i9-9900K
グラフィック: GeForce RTX 2070
メモリー: 32 GB RAM
公式 steam
Baldur's Gate 3 / バルダーズゲート3 2023/08/04 プロセッサー: i7 8700K / AMD r5 3600
グラフィック: 2060 Super / RX 5700 XT (8GB+ of VRAM)
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ドラゴンズドグマ 2 2024/03/21 プロセッサー: Core i7-10700 or Ryzen 5 3600X
グラフィック GeForce RTX 2080 / AMD Radeon RX 6700
メモリー: 16 GB
公式 steam
ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON 2023/08/25 プロセッサー: Core i5-10400 or Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 590 or Arc A750
メモリー: 12 GB RAM
公式 steam
ホグワーツ・レガシー 2023/02/11 プロセッサー: Core i7-8700 or AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce 1080 Ti or AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Cities: Skylines II 2023/10/25 プロセッサー:Core i5-12600K | Ryzen 7 5800X
グラフィック: GeForce RTX 3080 | RadeonRX 6800 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
サイバーパンク2077:仮初めの自由 2023/09/26 プロセッサー: Core i7-12700 or Ryzen 7 7800X3D
グラフィック: GeForce RTX 2060 SUPER or Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
DIABLO IV / ディアブロ IV 2023/10/18 プロセッサー:Core i5-4670K or AMD Ryzen 1300X
グラフィック: GeForce GTX 970、Arc A750、Radeon RX 470
公式 steam
オーバーウォッチ 2 2023/08/11 プロセッサー:Core i7 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 6400
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Monster Hunter World: Iceborne 2020/01/10 プロセッサー:Core i3 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD Radeon RX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
MONSTER HUNTER RISE: Sunbreak 2022/01/13 プロセッサー:Core i5-4460 or AMD FX-8300
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD RadeonRX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
BIOHAZARD RE:4 2023/03/24 プロセッサー: Ryzen 5 3600 / Core i7 8700
グラフィック: AMD Radeon RX 5700 / GeForce GTX 1070
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Call of Duty Modern Warfare III 2022/10/28 プロセッサー:Core i7-6700K or AMD Ryzen 5 1600X
グラフィック: GeForce RTX 3060 or AMD RadeonRX 6600XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
デッドバイデイライト 2016/06/15 プロセッサー: Core i3 or AMD FX-8300
グラフィック: 4GB VRAM以上
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Grand Theft Auto V 2015/04/14 プロセッサー: Core i5 3470 / AMD X8 FX-8350 4GHz
グラフィック: GeForce GTX 660 2GB / AMD HD7870 2GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Forza Horizon 5 2021/11/09 プロセッサー: Core i5-8400 or AMD Ryzen 5 1500X
グラフィック: GTX 1070 OR AMD RX 590
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam

快適操作を実現するゲームコントローラー

ゲーム実況を盛り上げる周辺機器の中でも、快適操作を実現するゲームコントローラーは、遊びの中核となる重要な役割を果たします。

ストリーミングの最中、視聴者に熱中してもらうためには、スムーズで正確な操作が求められるため、適切なコントローラー選びは実況者にとって必須です。

最先端のゲームコントローラーには、耐久性と応答速度に優れたモデルが豊富に存在し、それぞれが特定のゲームジャンルとの相性を持っています。

例えば、格闘ゲームやアクションゲームを手掛ける際には、反応速度が極めて速いコントローラーが求められます。

こうしたコントローラーには、細かな操作を可能にする高度なカスタマイズ機能が組み込まれており、プレイヤーは彼らの技術を最大限に発揮できるようになります。

一方で、長時間の使用を見越してエルゴノミックデザインが採用されたコントローラーも存在し、手の疲れを軽減してくれるのが特徴です。

ゲーマーはこのようなコントローラーを使用することで、長時間のゲーム実況にも対応し、いつでも視聴者に対してエネルギッシュなプレイを提供することが可能になります。

また、音響効果に特化したゲームコントローラーも注目を集めており、振動機能を通じてゲーム内のアクションをリアルに体感できるよう作られています。

このような臨場感あふれるコントローラーは、実況するゲームの緊張感や興奮を視聴者に直接伝える助けとなり、配信の魅力をより一層高めることができます。

多種多様なゲームコントローラーから、自身のプレイスタイルと実況内容に最も合致する一品を選び出すことは、視聴者に忘れがたいゲーム体験を提供するために欠かせません。

優れたコントローラーは実況者の手足となり、ゲームというアートを作り上げる上での最高のパートナーとなるのです。

有線と無線、実況向けゲーミングキーボード&マウス

ゲーミングキーボードとマウスは、ゲーム実況者にとってそのパフォーマンスを左右する大事なツールです。

有線と無線、それぞれが持つ長所を把握し選び方を知ることが重要です。

有線のゲーミングキーボードやマウスは、遅延がほとんどないため、反応速度が求められるゲームを実況する際には理想的です。

また、電池交換や充電の必要がないため、長時間にわたるゲーム実況においては中断の心配がありません。

反対に無線タイプは、ケーブルがなくデスク周りがスッキリして使い勝手がよいため、配信中にデスク周りを映し出すことがある実況者には特にオススメの選択肢です。

最新の無線テクノロジーは遅延の問題もかなり改善されており、ケーブルによる束縛から解放された自由な操作感が魅力となっています。

しかし、充電のための準備や、実況中にバッテリー切れにならないよう注意が必要です。

さらに、ゲーミングキーボードとマウスを選ぶ際には、キータッチの感触やマウスの握り心地、DPI調整の細やかさなど、自分のプレイスタイルに合ったものを見極めることが大切です。

ゲーム実況者にとって快適性は、長時間の実況を支え、視聴者に魅力的なプレイを提供するための基盤となります。

品質に優れた周辺機器を選ぶことは、技術的なメリットに留まらず視聴者にとってもより高いエンターテイメント価値を届けることに繋がるのです。

ゲーム実況向けおすすめPC事例紹介

ゲーム実況向けおすすめPC事例紹介

エントリーレベルのゲーム実況PCセットアップ

ゲーム実況に興味がある初心者でも気軽に始められるエントリーレベルのPCセットアップが存在します。

予算を抑えつつも快適にゲーム実況を行うためには、バランスの取れた構成が必要です。

主な構成要素としては、十分な処理能力を持つCPU、ゲームに適した性能を持つグラフィックカード、スムーズな動作を支えるメモリ、そして高速な読み書き能力を備えたSSDが挙げられます。

特にゲーム実況では、複数のタスクを同時に効率よくこなす必要がありますから、多核心のプロセッサーを選ぶことが大切です。

例えば、AMDのRyzen 5やIntelのCore i5は、価格対性能比に優れ、エントリーレベルのセットアップには最適と言えるでしょう。

グラフィックカードに関しては、NVIDIAのRTXシリーズやAMDのRXシリーズがよい選択肢です。

どちらもゲーム実況に必要な性能を保ちつつ、コストパフォーマンスに秀でています。

メモリに関しては、最低でも16GBを搭載することで、ゲームと同時に配信ソフトウェアがスムーズに動作する環境を整えることができます。

さらに、応答速度の向上を狙うならNVMe対応のSSDを選択するのが賢明です。

これらの部品を上手く組み合わせることで、手軽にゲーム実況を始めることが可能なのです。

それでは、具体的にどのようなPCがエントリーレベルのおすすめかというと、市販されているゲーム専用PCの中にも手頃な価格で提供されているモデルがあります。

これらはメーカーがバランス良く選定した部品で構築されており、初期設定も整っているため、初めての方でも安心して利用することができるでしょう。

自分でパーツを選び、カスタマイズするのが難しい方には、これらの完成品PCがおすすめです。

エントリーレベルでありながら、ゲーム実況を存分に楽しむことができるセットアップなのです。

ミドルレンジでコスパに優れたPCセットアップ

高品質なゲーム実況を目指す際、サクサクと動作するPCが欠かせませんが、そのためには高額な投資が必要だと考えがちです。

しかし、ミドルレンジのPCセットアップでは、コストパフォーマンスに優れているにもかかわらず、充分にゲーム実況に対応できる性能を兼ね備えています。

そんなミドルレンジのPCセルアップとして、優れたグラフィックス能力を持つNVIDIA GeForce RTX4060 Tiを搭載した機種が挙げられます。

だいたいの新作ゲームは快適に動かすことができ、且つストリーミング配信にも余裕をもって対応できるからです。

また、プロセッサーにはコア数が多く、それでいて省エネルギーであるAMD Ryzen 5 5600Xが理想的です。

この組み合わせれば、大規模なマルチプレイヤーゲームを実況しつつ、複数のアプリケーションを同時に動かすことも可能です。

さらに、快適なゲーム実況には十分なメモリも不可欠で、16GB RAMはミドルレンジセットアップのスタンダードと言えるでしょう。

ストレージに関しては、SSDを500GB以上組み込むことで、ゲームのロード時間の短縮に繋がります。

ミドルレンジでコスパに優れたPCセットアップは、性能と価格のバランスが取れており、無理なく長期間に渡って最適なゲーム実況環境を追求するための賢い選択肢です。

高額なトップレンジのPCには劣りますが、基準となるパフォーマンスを妥協することなく、さまざまなゲームタイトルを鮮やかに、そしてスムーズに実況できることが魅力です。

ハイエンドゲーム実況PCで競争力を

ハイエンドゲーム実況PCを選ぶ際には、プロフェッショナルな実況者が直面するあらゆる挑戦に立ち向かう能力が求められます。

そこで焦点を当てるべきは、堅牢なプロセッサ、強力なグラフィックスカード、そして十分なメモリーです。

例えば、Intel Core i9やAMD Ryzen 9といったプロセッサは、複数のアプリケーションを同時にスムーズに動作させることが可能で、ライブストリーミングとゲームの両方で高いパフォーマンスを発揮します。

NVIDIA GeForce RTX4080や同等のグラフィックスカードは、最新のゲームを最高設定で楽しむための必需品です。

さらに、16GB以上のRAMを搭載することで、不測のラグやアプリケーションの衝突などを未然に防ぎ、ゲーム実況における快適さを保証します。

ストレージに関しては、高速なSSDを選択することでゲームのロード時間を短縮し、視聴者が待たされることなく、滑らかな視聴体験を提供できます。

冷却システムもまた重要で、長時間の使用に耐える強化された冷却機能を持つPCは、ゲーム実況者にとって信頼性があることを意味します。

こうしたハイエンドゲーム実況PCは、最新技術を駆使して構築されるため、市場に出る製品は常に進化を遂げています。

熱心なゲーマーや実況者にとって、これは自分の配信チャンネルを次のレベルに引き上げ、視聴者からの称賛を受けるための絶好の機会となります。

視聴者は技術的な問題を超えた高品質なコンテンツに惹かれ、それが実況者の人気をさらに推し進めることでしょう。

ゲーム実況PC選びでの頻出質問FAQ

ゲーム実況PC選びでの頻出質問FAQ

どの程度の予算を考えるべきか

ゲーム実況PCの選び方において、予算の設定は非常に重大な要素です。

理想とする実況環境を整えるためには、最低限のスペックが必要不可欠であり、初心者でも快適に動作する基本モデルを目安とするならば、およそ10万円から15万円程度の出費を覚悟することをお勧めします。

しかし、高品質な配信を目指す場合や、最新のゲームタイトルを最高設定でプレイすることを重視するのであれば、グラフィックカードやCPU、メモリなどの良質なパーツへの投資が不可避となり、その予算は30万円を超えることも珍しくはありません。

そして、実況時のストレスを軽減するためのサウンドカードや静音性に優れたケースなど、細部にわたるカスタマイズも重要視されるため、トータルでの予算は流動的な要素を帯びてくるのです。

また、専用のストリーミング機材やマイクロフォン、ウェブカメラなどの周辺機器にも注意を払わなければならず、これらのコストを含めて全体のバランスを考えることが重要です。

つまり、予算の決定は実況者としての目標や、取り組むゲームの性質、さらには視聴者からの期待にも左右されるため、一概に定価を提示することはできないのが実情です。

高い投資が高品質なコンテンツにつながるというわけではありませんが、確かな満足のいく配信を行なっていくためにはそれ相応の予算を見込み、賢明な選択を心がけることが望まれます。


ゲーミングPCと通常のPCの違いは

ゲーミングPCと通常のPCの違いを知ることは、ゲーム実況に欠かせないポイントです。

最大の相違点は、ハードウェアの性能です。

ゲーミングPCは高解像度のグラフィックスと高速なフレームレートを維持するために、強力なグラフィックカードやプロセッサーを搭載しています。

さらに、長時間のプレイやヘビーなゲームソフトに対応するため、特化した冷却システムが導入されていることが一般的です。

これに対し通常のPCは、文書作成やウェブ閲覧といった日常業務を快適に行えるように設計されており、ゲーム専用の高性能部品は省かれています。

また、メモリやストレージ容量もゲーミングPCの方が多く配置される傾向があり、快適なゲーム実況ストリームを行う上で重要な要素となります。

デザイン面では、光るLEDライトや洗練されたケースがゲーミングPCの特徴であり、見た目にもこだわりたいゲーマーには魅力的です。

ゲーム実況に最適なPCを選ぶ際は、これらの質問を踏まえつつ自分のニーズに合ったスペックを慎重に検討することが成功への鍵を握ります。

アップグレードのタイミングと注意点

ゲーム実況においてPCのアップグレードのタイミングは、ストリーミングの品質や快適なプレイを追求する上で欠かせない要素です。

最新のゲームタイトルをフルHD以上の解像度で、快適にプレイし、それをリアルタイムで配信するためには、一定のスペックが要求されます。

特に、高いグラフィック設定を維持しつつ同時にストリーミングを行なう場合、CPUやGPUのパワーが非常に重要となります。

アップグレードを考えるべきサインとして、配信中にゲームプレイがカクついたり、ロード時間が長くなったりすることが挙げられますが、これはハードウェアが要求スペックに追いついていない可能性を示唆しています。

重要なアップグレードの際の注意点は、単にパーツを最新のものにするだけではなく、全体のバランスを考慮することです。

たとえば、高性能なGPUを投入しても、CPUがボトルネックとなっている場合は、思ったほどの性能向上は見込めません。

また、電源の容量や冷却システムも、新しいパーツの追加に伴って見直しが必要となるでしょう。

さらに、コンポーネントの互換性を事前に確認し、アップグレード後も安定して動作させるためのドライバーやファームウェアのアップデートも忘れてはなりません。

結局のところ、ゲーム実況PCのアップグレードは計画的にアプローチすることが求められます。

ハードウェアの性能を最大限に引き出しつつ、トラブルを避けるためにも、専門家の助言を参考にしつつ、適切なタイミングで的確なアップグレードを行なうことがゲーム実況者にとって重要です。

ゲーム実況に最適なPCセットアップのまとめとチェックリスト

ゲーム実況に最適なPCセットアップのまとめとチェックリスト

選び方の重要ポイント再確認

ゲーム実況に最適なPCを選択する際、重要なのはそのパフォーマンスが高度なゲームをスムーズにプレイし、同時に臨場感あふれるストリーミングを可能にすることです。

では、どのようなポイントを見極めるべきでしょうか。

まず心掛けるべきは、強力なグラフィックスカードの選定です。

これはゲームのクオリティを向上させるだけでなく、視聴者にとっても鮮明な映像を提供するために不可欠です。

次にプロセッサですが、これは複数の作業を同時にこなすマルチタスク能力で選ぶべきです。

ゲームプレイとストリーミングの処理を平行して行うため、高速なプロセッサはストリーミングのクオリティを維持する上で必要不可欠です。

さらにストレージ選びも重要です。

迅速な読み書きが求められるSSDを主力とし、容量もゲームのインストールに加えて、録画データの保存に余裕を持たせるべきです。

また、忘れてはならないのが十分なメモリ容量です。

これにより、システムの応答速度が格段に向上し、ゲーム実況時のパフォーマンスが保たれます。

視聴者に快適な視聴体験を提供するためにも、PCセットアップは上記ポイントをしっかりチェックし、ゲーム実況に最適な環境構築に努めることが重要です。

高性能かつバランスのとれたPCセットアップを心がけることで、視聴者はもちろん、実況する側も快適に楽しむことができるでしょう。

自分に合ったPC構成を見極めるチェックリスト

ゲーム実況において最高のパフォーマンスを追求するPCセットアップは、専門家のアドバイスとともに、一人ひとりのニーズに合わせた計画が不可欠です。

まず、プレイするゲームの種類に注目しましょう。

高速なグラフィック処理が求められるアクションゲームや、膨大なデータを扱うオンラインゲームでは、力強いグラフィックスカードと迅速なデータアクセス速度を持ったSSDが望ましいです。

次に、ライブ配信の品質を考慮します。

高解像度のストリーミングを計画している場合、強力なCPUと十分なRAMは不可欠となります。

視聴者に快適な視聴体験を提供するために、低遅延での配信を可能にする優秀なネットワーク機能も重要です。

有線接続はWi-Fiよりも安定した通信が期待でき、ストリーミング中の不意な接続断を避けられます。

また、ゲーム実況中によく使われるコメント読み上げ機能や複数のアプリケーションを同時に動かすためには、マルチタスクに強いプロセッサと十分なメモリ容量が求められます。

加えて、静音性に優れたケースや冷却システムを選択することで、マイクに余計な音が拾われるのを防ぎ、視聴者にクリアな音声を届けられます。

実況の長時間セッションに備えてPCの耐久性にも注目し、品質の高い部品の選定と余裕のある電源容量も忘れてはなりません。

目まぐるしく進化する技術の中で、最適なゲーム実況PCセットアップは常に変わります。

しかし、ここで挙げた要因を踏まえたうえで、現在の市場と自らの必要に照らし合わせて選び出すことが、長期的に見て賢明な選択となるでしょう。

あわせて読みたい

スムーズな編集作業を実現 動画制作者向けパソコンの条件

おすすめゲーミングPCライフ

ゲーム実況に最適! パフォーマンスが高いおすすめPC紹介

えぐぜくてぃぶなPC

ゲーム満足度を左右するPCスペック – 上級者向け選択ガイド

ゲーミングPC Z

データサイエンティスト必見! パワフルなおすすめ「AI PC」のすべて

BTOパソコン シックス

YouTubeで活躍するためのPC選定ガイド おすすめモデル紹介

BTO PCメーカーの特徴と口コミ評判比較

ゲーミングPC – eSports選手必見の最強スペック選定

おすすめゲーミングPCライフ

クリエイター向けPCおすすめリスト ソフトウェア別性能ガイド

静音PC&BTOパソコン

映像クリエイターへ贈る 究極のパソコン選択ガイド

えぐぜくてぃぶなPC

フルオプションの魅力! カスタマイズ可能なBTOパソコン

ゲーミングPC Z

パフォーマンス重視! プロが推薦するおすすめBTOパソコンTOP10

静音PC&BTOパソコン

動画編集専門家が語る、 パソコンスペックの真実

BTOパソコン シックス

ゲーム配信で差をつけろ! パフォーマンス重視のおすすめPC紹介

おすすめゲーミングPCライフ

ゲーマーの夢、フルカスタマイズBTOパソコンの世界

BTO PCメーカーの特徴と口コミ評判比較

初心者からプロまで! YouTube用おすすめPC完全リスト

えぐぜくてぃぶなPC

ゲーマー&ストリーマー必見! 最強配信を約束するおすすめゲーミングPC

BTO PCメーカーの特徴と口コミ評判比較

ゲーム実況のパフォーマンスを高めるおすすめPC選び

ゲーミングPC Z

最適なBTOの選び方 2024年おすすめパソコンガイド

静音PC&BTOパソコン

知っておきたいゲーミングPCの寿命 いつ買い替えるべき?

えぐぜくてぃぶなPC

PCとCPUの相性チェック! BTOで理想のセットアップ

おすすめゲーミングPCライフ

映像制作者のためのパソコン選び スペックの科学

BTOパソコン シックス

アニメーション制作を加速! 映像クリエイターのパソコン必携ガイド

BTO PCメーカーの特徴と口コミ評判比較

コアなユーザー向け! 超高性能おすすめCore i7構成PC

えぐぜくてぃぶなPC

ストリーミング最適! 信頼のおすすめBTOゲーミングPCセットアップ

静音PC&BTOパソコン

パワフル自動生成でAIイラストを加速! PC選びのガイド

BTOパソコン シックス

ゲーム配信PCのスペック徹底解説 ストリーマー必見の選び方

ゲーミングPC Z

BTOで究極のゲーム体験! おすすめゲーミングPCガイド

おすすめゲーミングPCライフ

カスタマイズで差をつける! コスパ最強のパソコン注文ガイド

BTO PCメーカーの特徴と口コミ評判比較

求めるは最高のプレイ環境! デスクトップ向けおすすめゲーミングPC

BTOパソコン シックス

AIイラスト作成向けおすすめPC スペック別詳細ガイド

ゲーミングPC Z

パソコン寿命ガイド 長持ちさせるベストプラクティス

静音PC&BTOパソコン

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次