ゲーム実況カリスマのための、おすすめPC購入攻略法

目次

ゲーム実況カリスマが選ぶ、パフォーマンス抜群のPCスペック

ゲーム実況カリスマが選ぶ、パフォーマンス抜群のPCスペック

CPUの選び方 ゲーム実況に最適なプロセッサー

ゲーム実況カリスマが選ぶ、パフォーマンス抜群のPCスペックというテーマで、最適なCPUの選び方についてご紹介します。

ゲーム実況には、優れたマルチタスキング能力と高速な処理性能を兼ね備えたプロセッサーが不可欠です。

選択肢は大きく分けて、IntelのCore i7やi9の高性能モデルや、AMDのRyzenシリーズの中のRyzen 7やRyzen 9が挙げられます。

これらは高いコア数とスレッド数を有し、ゲームプレイの同時処理とエンコード作業をスムーズにこなすことができます。

特にゲーム実況には、画質が鮮明でフレームの滑らかな映像を配信することが求められるため、高速処理を補助するキャッシュメモリの大きさも重要です。

さらに、オーバークロッキングに対応しているCPUを選べば、必要に応じてクロック数を調整し、パフォーマンスの最適化を図ることが可能です。

しかし、オーバークロッキングは発熱問題にも注意を払う必要があり、強力な冷却システムと相まって、安定したパフォーマンスを長時間維持することが重要になります。

ゲーム実況において魅力的なコンテンツを生み出すには、ハードウェアの能力が直接的に関わってきます。

現在のタイトルでは4K解像度やVRゲームなど、高いグラフィックパフォーマンスを要求されることが多くあります。

これらを快適に楽しむためには、プロセッサー選びにおいては、将来の拡張性も見据え、最新技術に対応するものを選ぶことが賢明です。

プロセッサーは実況者の芯となる部分であり、選び方一つで実況のクオリティは大きく変わるため、慎重に検討することをお勧めします。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 41074 2424 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41024 2364 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41024 2364 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38498 2084 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38422 2055 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35426 2241 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35426 2241 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33681 2214 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33681 2214 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32458 2108 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32458 2108 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29185 2046 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 28786 1975 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 26972 2051 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24581 2109 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24581 2109 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 22024 1955 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20315 2021 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19459 1943 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17689 1821 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16008 1783 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16008 1783 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15252 1987 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9053 1752 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9053 1752 公式 価格

メモリ(RAM)の重要性 快適な実況を支えるRAM容量

ゲーム実況カリスマが選ぶ、パフォーマンス抜群のPCスペックのなかでも、メモリ(RAM)はしばしば見落とされがちですが、これこそが快適な実況体験の根幹を成す部品の一つです。

RAM容量が十分にあることで、ゲーム実況中にも複数のプログラムを同時にスムーズに動かすことができ、ストリームの質を格段に高めることが可能です。

例えば、高解像度でのゲームプレイはもちろん、同時にチャットソフトウェアやストリーミングツール、更にはウェブブラウザも立ち上がっている状況を想像してみてください。

これらすべてのアプリケーションを円滑に機能させるためには、十分なRAM容量が不可欠です。

現在のゲーム環境をみると、16GBのRAMはゲーム実況における最低ラインと言えますが、より余裕を持たせた30FPS以上での高品質ストリーミングを目指すなら、32GB以上をお勧めします。

さらに、将来を見据えて拡張性にも注視し、後からでも容易にメモリの追加が可能なマザーボードを選択することも、賢明な戦略の一つです。

安定したパフォーマンスを維持する上で、これらの要素を見逃してはなりません。

ゲーム実況に欠かせない順応性と柔軟性を得るために、選び抜かれたRAMは確かな投資となります。

実況では突発的な状況にも対応できる余裕が必要ですし、快適なプレイと視聴体験を提供するためには、RAM容量を重視したPC選びが不可欠です。

高速ストレージ SSDでゲームロード時間を短縮

エキサイティングなバトルシーン、息もつかせぬ速攻プレイ、すべての瞬間が視聴者の心をわしづかみにしますが、そこにたどり着くまでのゲームロード時間が長ければ、視聴者の熱も一気に冷えてしまうでしょう。

そこで注目されるのが、高速ストレージSSDの採用です。

この小さな技術革新が、劇的にゲーム実況のクオリティを高めるのです。

SSDは、従来のHDDに比べて読み書き速度が桁違いに早く、ロード時間が著しく短縮されるため、待ち時間による煩わしさから解放されます。

ゲームが快適に進むことは、実況者が集中してパフォーマンスを発揮するために不可欠です。

実際に、多くのプロのゲーム実況者が、SSDの恩恵を肌で感じ、その速さに驚嘆を隠せないと報告しています。

さらに、SSDにはデータの信頼性や耐久性もあります。

これは、長時間の実況において、不意のトラブルを避けるためにも重要な要素です。

特に、4Kや高フレームレートの映像を取り扱う場合、SSDの速度はゲーム実況における滑らかな映像表現と直結します。

視聴者に最上のエンターテイメントを提供するためには、SSDはゲーム実況カリスマにとって必須のスペックと言えるでしょう。

結局、ストリーミングの世界で星のように輝くためには、最先端の技術に耳を傾け、常にアップデートを重ねていくことが不可欠です。

SSDの導入は、そんな一歩を踏み出すのに最適な選択と言えるでしょう。

SSD規格一覧


ストレージ規格 最大速度MBs 接続方法 URL_価格
SSD nVMe Gen5 16000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen4 8000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen3 4000 m.2 SSDスロット 価格
SSD SATA3 600 SATAケーブル 価格
HDD SATA3 200 SATAケーブル 価格

ゲーム実況用PCとグラフィックカードの関係

ゲーム実況用PCとグラフィックカードの関係

ゲーム実況におけるグラフィックカードの役割

ゲーム実況におけるグラフィックカードの役割は、単にゲームプレイの画質を高めるだけにとどまりません。

実況者が視聴者に提供する映像体験の心臓部といえる重要な機能を担っているのです。

高性能なグラフィックカードを搭載しているPCは、複雑なテクスチャや影の演算もスムーズに行い、ゲームの世界をよりリアルに、より深く体現します。

さらには、ゲームの処理速度を向上させ、快適なプレイ環境を実現することで実況中のストレスを軽減します。

また、現代の実況者に必要とされるのは、高解像度のゲーム映像を長時間録画し、ストリーミングすることができる持続力です。

グラフィックカードはこの録画とエンコードのプロセスを助け、滑らかなストリーミング配信を実現するためのパワーを供給します。

そのため、グラフィックカードの性能は視聴者にとっても実況のクオリティを左右する重要な要素となるのです。

不快感のないゲーム実況を目指すなら、グラフィックカードの選択は慎重に行う必要があります。

優れたグラフィックカードを搭載したPCは、視聴者が臨場感あふれるゲーム体験を得られるようにし、実況者としての人気や信頼を築く助けとなるのです。

ですから、ゲーム実況用PCを選ぶ際には、グラフィックの美しさはもちろんのこと、実況に適した録画・ストリーミング能力を有するかどうかも重視すべき項目であると言えるでしょう。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 36064 74300 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 29990 73593 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 29040 68492 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 26085 67669 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23654 55777 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 19863 50598 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19176 51248 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 17912 45990 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 16936 42547 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13417 34691 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13416 35142 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13301 34508 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12424 30452 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10791 31815 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10621 28651 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10612 27566 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7312 19667 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6252 16080 130W 公式 価格
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

RTXとGTX どちらがゲーム実況に適しているか

ゲーム実況において、PCの性能は視聴者にとっての醍醐味を左右する重要な要素です。

中心となるグラフィックカードには、NVIDIAのRTXシリーズとRTXシリーズの2つの選択肢がありますが、実況においてはRTXが一歩リードします。

RTXシリーズは最新のレイトレーシング技術を搭載しており、リアリティに溢れた美しい映像を実現します。

これにより視聴者に次世代のゲーム体験を提供でき、ストリーマーとしての価値を高めることができます。

また、RTXシリーズはAIによる画像処理機能DLSSを備えています。

この技術はフレームレートの向上に寄与し、滑らかな映像でゲーム実況を行うために重要です。

一方、RTXシリーズも堅牢な性能を持っており、特に予算に配慮しなければならない場合には、コストパフォーマンスに優れた選択肢となります。

しかし、ゲームの視覚効果だけでなく、実況のクオリティにも配慮するなら、やはりRTXシリーズに軍配が上がります。

例えば、RTX Voiceといった騒音除去機能が配信中の音声をクリアにし、視聴者の満足度を向上させるでしょう。

実況者は視聴者とのコミュニケーションを何よりも大切にすべきで、RTXシリーズはその点で一致したソリューションを提供しています。

究極のゲーム実況を目指すなら、高い初期投資を考慮に入れつつも、RTXシリーズへの投資はその価値を十分に発揮するでしょう。

グラフィックスだけでなく、実況者が求めるあらゆる面でサポートを提供し、競合他社との差を広げることが期待できます。

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AIC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AIC
【ZEFT Z47AIC スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H5 Flow White
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AIC

パソコンショップSEVEN ZEFT R53E

パソコンショップSEVEN ZEFT R53E

圧倒的パワーでゲームも仕事もスムーズ、先進のゲーミングPC!
VGA性能とCPUの高い調和が生む、スムーズなパフォーマンスマシン!
省スペース設計で場所を取らず、クリアパネルが輝くスタイリッシュケース!
最新Ryzen 7が織り成す、迫力の処理速度を体感せよ!

【ZEFT R53E スペック】
CPUAMD Ryzen7 7800X3D 8コア/16スレッド 5.00GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R53E

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48C

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48C

ソリッドパフォーマンスに妥協なし、プレミアムなゲーム体験を叶えるゲーミングPC
RTX 4070 SuperとCore i7の組み合わせで、非凡なグラフィクパワーと処理速度を実現
スタイリッシュなミドルタワーケースで、セットアップが一段とクールに
最新のi7の力で、プロレベルのマルチタスクと過酷なゲームもサクサク

【ZEFT Z48C スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z48C

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52L

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52L
【ZEFT Z52L スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52L

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBU

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBU

効率的な作業とエンターテイメントを実現するハイバリュースタンダードゲーミングPC
RTX 4060搭載で驚異のグラフィック性能、均整の取れた16GBメモリでマルチタスクもサクサク
省スペースで存在感を放つコンパクトケース、スタイリッシュなクリアパネルで内部を魅せるデザイン
最新のスマートパフォーマンス、Core i3 14100がもたらすスムーズな日常操作

【ZEFT Z45DBU スペック】
CPUIntel Core i3 14100 4コア/8スレッド 4.70GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 ROG Strix B760-I GAMING WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBU

ゲーム実況における冷却システムの重要性

ゲーム実況における冷却システムの重要性

エアクーリングと液体冷却 パフォーマンスをキープするための選択

ゲーム実況で最も重要なのは、安定したパフォーマンスを長時間維持できるPCを用意することです。

そのためには、冷却システムが中心となります。

エアクーリングと液体冷却の選択は、一見するとシンプルですが、実はゲーム実況のクオリティを左右するほど重要な要素になっています。

エアクーリングシステムは、ファンを利用してPC内部の熱気を排出します。

この方式はコストが安く、比較的簡単に設置できるメリットがあります。

しかし、高負荷がかかった時に生じる熱を急速に冷却するには限界があるため、長時間のゲーム実況での使用には注意が必要です。

一方で、液体冷却システムは、液体を循環させることで熱を効率的に外に逃がすシステムです。

この方式の最大の利点は、高い冷却効果を発揮することで、高負荷を伴う長時間のゲーム実況でもパフォーマンスの低下を抑えられる点にあります。

また、エアクーリングと比較して動作音が静かなため、ゲーム実況の音声品質にも良い影響を与えます。

ゲーム実況カリスマとして注目されるためにも、PC購入時は冷却システムにもこだわりを持ちましょう。

それがかつてない最高のパフォーマンスを実現し、視聴者を魅了することに繋がるのです。

液体冷却は初期投資が高くなる可能性がありますが、長期的な視点で見ると、その価値は大きく、実況者としての信頼と品質を保つためにも欠かせない選択と言えるでしょう。

配信品質を高めるゲーム実況PCの機能とカスタマイズ

配信品質を高めるゲーム実況PCの機能とカスタマイズ

ノイズ低減機能とは 清潔な音声で実況を

ノイズ低減機能とは、ゲーム実況の品質を大幅に向上させる重要な要素です。

特に、ゲーム中に集中を要する瞬間や緊迫感あふれるシーンを視聴者に伝える際、清潔でクリアな音声は非常に効果的です。

この機能は、マイクが拾った不要な雑音や背景騒音を低減し、実況者の声をより際立たせます。

結果として、視聴者はゲームの世界に深く没入することができ、実況者のコメントやリアクションにも集中しやすくなります。

多くの高性能なゲーム実況PCには、内蔵または外付けのサウンドカード、高品質なマイク、そして専用のソフトウェアが用意されており、これらを適切に設定することでノイズ低減効果が得られます。

例えば、エコーキャンセリングやダイナミックレンジコントロールといった技術は、音声の明瞭さを高めるために役立ちます。

また、実況者はただノイズを低減させるだけでなく、配信のための適切な環境を整えることも重要です。

防音材を使用したり、扇風機やエアコンの音がマイクに届かないようにするなど、環境を整える工夫も音質改善に寄与します。

これらの工夫は単純なようでいて、実況のプロフェッショナリズムを体現する点として、視聴者には高く評価されることでしょう。

ゲーム実況で成功を収めたいなら、ノイズ低減機能への投資と環境設定に気を配ることは不可欠です。

実況者の個性とゲームプレイの魅力を際立たせ、視聴者にとって心地良い視聴体験を提供することができるでしょう。

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47O

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47O

鮮烈ゲーミング体験をコミットする、このアドバンストスタンダードマシン
最新の技術バランスが光る、パーツの調和が創り出すスムーズなスペックの世界へようこそ
透明なサイドパネルが内部美を引き立てる、洗練されたミドルタワーケースの新定義
パワフルな意志を秘めた、最新Core i5があらゆる処理をスピーディに実行

【ZEFT Z47O スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47O

パソコンショップSEVEN ZEFT R52G

パソコンショップSEVEN ZEFT R52G

エキスパート級ゲーマーへ捧ぐ、高性能Ryzen搭載モデル。迫力プレイを存分に楽しむゲーミングPC
頂点を極める速度と美、16GB DDR5メモリと1TB SSDで快適動作
MasterBoxの流麗な姿、透明感あるサイドで魅せる内部。デザインと機能性を兼ね備えたPCケース
ハイレベルなパフォーマンスを求めるならRyzen 9 7950X。CPUの力強さで快適作業を実現

【ZEFT R52G スペック】
CPUAMD Ryzen9 7950X 16コア/32スレッド 5.70GHz(ブースト)/4.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
SSD 4TB (m.2 nVMe READ/WRITE:200Gbps/200Gbps NB製)
ケースクーラーマスター MasterBox CM694 TG
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ARGB
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52G

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AZ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AZ
【ZEFT Z52AZ スペック】
CPUIntel Core i7 14700K 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (16GB x1枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake S100 TG
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AZ

パソコンショップSEVEN ZEFT R40BC

パソコンショップSEVEN ZEFT R40BC

高速処理の新時代へ、躍動のパフォーマンスを実現するゲーミングPC!
シームレスなゲーム体験、RTX3050とDDR5メモリのハーモナイズ
目を引くクリアパネルケース、魅せるRGBが光る洗練されたデザインマシン
Ryzen 9 7900X搭載、集中力を最大限に引き出す豪速CPUパワー

【ZEFT R40BC スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900X 12コア/24スレッド 5.60GHz(ブースト)/4.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX3050 (VRAM:6GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R40BC

パソコンショップSEVEN ZEFT R52E-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R52E-Cube

力強いパフォーマンスに優美なゲーム環境をコミットするアドバンスドレベルゲーミングPC
64GBの大容量DDR5メモリと先進のRTX 4070、滑らかでタフなスペック総合力
省スペースに新たな美学を刻む、スマートなキューブ型ケースデザインで存在感を放つマシン
最新Ryzen5 7600が拓く一瞬先を行く処理速度、専門家も納得のCPU領域

【ZEFT R52E-Cube スペック】
CPUAMD Ryzen5 7600 6コア/12スレッド 5.10GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ64GB DDR5 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52E-Cube

LEDライティングとPCケース ゲーム実況の外観をカスタマイズ

配信品質を高めるためには、性能だけでなくPCの外観にもこだわりを持つことが重要です。

ゲーム実況者にとってPCはセットの一部であり、LEDライティングは視聴者に与える印象を決定づける要素の一つです。

鮮やかな色彩で動画の雰囲気を高め、またその輝きが視聴者の心を惹きつけるのです。

カスタマイズ可能なLEDライティングを搭載したPCケースは、単なる性能の塊から個人のスタイルを表現するアイテムへと昇華させます。

例えば、ピンクのグラデーションが女性視聴者に人気を博しやすいように、ライティングの色はゲーム実況者が放つ個性の一部です。

また、リズムに合わせて光る機能を持つLEDライティングは、音楽とシームレスに連動し、まるで視聴者が実況と共にビートを感じているかのような錯覚を与えます。

さらに、明るさの調節ができることで、時間帯やゲームの雰囲気に合わせた演出が可能になります。

PCケースの形状もまた、実況映像に映えるポイントです。

クリアなサイドパネルの選択は、内部コンポーネントの美しさを際立たせ、技術的な知識がない視聴者にも高度なカスタムビルドをアピールできます。

配信環境に溶け込む洗練されたデザインは、視聴者がチャンネルに戻りたくなる魅力的な要因となるでしょう。

ゲーム実況者が目指すべきは、PCのパフォーマンスを最大限に引き出しながら、外観にもその個性を反映させることです。

これにより、忘れがたい視聴体験を提供し、自らのブランドを築くことができます。


ゲーム実況PCの接続端子と配信機器の互換性

ゲーム実況PCの接続端子と配信機器の互換性

USBポートのタイプと数 必要なデバイスに合わせた選択

ゲーム実況で高いパフォーマンスを発揮するための秘訣の一つは、PCのUSBポートのタイプと数量をデバイスの要件に適切にマッチさせることです。

現代のゲーム実況者は、マイク、カメラ、ゲームキャプチャデバイス、さらには外付けストレージなど、複数のUSBデバイスを同時に使用します。

このため、PC選びではUSB 3.0やUSB-Cなどの高速データ転送をサポートするポートを十分な数確保することが重要です。

USB 3.0は、従来のUSB 2.0と比べて転送速度が格段に向上しており、高解像度のビデオデータの転送などがスムーズに行えます。

特に実況中はデータの転送が遅れると映像に遅延が生じることがあるため、これらのポートは必須といえるでしょう。

また、最近のPCではUSB-Cポートが常備されていることも多く、これによりUSB-C対応デバイスの高速接続やデイジーチェーン接続が可能になります。

さらに、これらのポートの位置も配慮されるべきです。

背面のポートは一度接続するとあまり頻繁には抜き差ししないデバイス向けである一方、正面または側面にあるポートは一時的な接続や頻繁な交換が必要なデバイスに適しています。

そのため、全てのデバイスの接続状態を事前に想定し、適切なポートを持つPCを選択することが、ストレスのないゲーム実況を行うためには不可欠です。

このように、USBポートの型と数を調和させることはゲーム実況者にとって、配信の質を左右する重要な要素となっています。

選び抜かれたPCは、まるでオーケストラの指揮者のように、各デバイスとの調和を保ちつつ、最高のパフォーマンスを引き出す力を持つのです。

HDMI/DisplayPort マルチモニター環境の構築

ゲーム実況PCに求められる要素のひとつに、複数のモニターを効率的に運用する能力があります。

特にゲーム実況では、ひとつの画面でゲームプレイをしながら、もう一つでチャットやストリーミングソフトを管理するといったマルチタスキングが不可欠です。

この状況で重要なのがHDMIやDisplayPortなどの接続端子です。

例えば、高解像度のゲーミングモニターを活用するためには、DisplayPortが推奨されることが多いです。

なぜならDisplayPort 1.4ならば4K解像度を60Hz以上で、かつHDRと共に転送できるからです。

加えて、HDMI端子も配信機器との接続には不可欠です。

最新のHDMI 2.1規格では4K 120Hzや8K 60Hzのサポートに加えて、ゲーム特化機能であるVariable Refresh Rate(VRR)やAuto Low Latency Mode(ALLM)などが適用可能です。

こうしたテクノロジーはゲーマーや視聴者にとって快適な配信環境を実現するために役立ちます。

重要なのは、PCとモニター、配信機器が同じ規格をサポートしていることを確認することです。

特に配信ソフトやキャプチャデバイスを介した際に、予期せぬ問題が発生しないように、すべての機器の仕様と互換性を細かくチェックする必要があります。

もし相性の良い構成が取れれば、ゲーム実況における映像の遅延を最小限に抑え、視聴者に対して最高のエクスペリエンスを供給することができるでしょう。

ゲーム実況の中心となるPC選びでは、これらの小さな要素が大きな差を生むことを忘れてはなりません。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

予算別おすすめゲーム実況PCガイド

予算別おすすめゲーム実況PCガイド

エントリーレベル 予算に優しい基本的なPC設定

ゲーム実況の世界に飛び込むにあたり、コストパフォーマンスの良いエントリーレベルのPCを選びたいという方は多いでしょう。

予算に優しいPC選びには、ゲーム実況に必要な基本的な性能に注目することが重要です。

まず、処理能力を担うCPUは、コストを抑えつつも複数のタスクを同時にこなせるものを選びます。

IntelのCore i5やAMDのRyzen 5シリーズがおすすめです。

次に、ゲームのグラフィックを滑らかに表示するために、グラフィックカードはNVIDIAのRTX3050やAMDのRX 7600など、手ごろな価格ながら信頼性の高いモデルを選定しましょう。

これらは現在の人気ゲームタイトルを快適にサポートする力を備えています。

メモリは8GBを目安に設置し、ゲームと実況のデータをスムーズに扱うためにも、拡張が容易な構造のPCを選ぶと将来的なアップグレードも安心です。

ストレージに関しては、SSDを主力にして応答速度を高め、ハードディスクドライブ(HDD)をデータ保存用に併用すると効率的なデータ管理が可能になります。

最後に、これらのコンポーネントが安定して稼働するためには、品質の良い電源ユニットを確保することも忘れてはなりません。

ゲーム実況は、多くのリソースを消費する活動なので、電源への投資は重要なセキュリティーとなるのです。

以上のポイントを踏まえれば、ゲーム実況に適したエントリーレベルのPCが手に入るはずです。

これでゲーム実況の第一歩を踏み出す準備は整いました。

次のステップは、実際に配信を始めることです。

エキサイティングなゲーム実況の世界へようこそ。

ミドルレンジ バランスの取れたコストパフォーマンスPC

ゲーム実況において、サクサクと快適なプレイ動画を生み出すためには、バランスの取れた性能を持つミドルレンジのPCが理想的です。

この範疇に入るPCは、高額なハイエンドモデルほどの投資は必要なく、基本的な実況プレイにおいては何の問題もなく対応可能です。

特に、グラフィックス処理能力とCPUのバランスが重要となりますので、NVIDIAのGeForce RTX4060やRTX4070をはじめとするグラフィックカードを搭載したモデルを選ぶとよいでしょう。

また、複数のタスクを同時に快適にこなせるよう、Intel Core i5またはAMD Ryzen 5シリーズのプロセッサが適しています。

快適なストリーミングにはメモリも重要で、最低でも16GBを推奨しますが、余裕があれば32GBを目安にすると将来的なアップグレードの必要も少なくなるはずです。

ストレージに関しては、ゲームのロード時間を短縮し、実況中の快適さを保つために、SSDは必須です。

1TB以上を選ぶことで、複数のゲームをインストールしておくことが可能となります。

ケースや冷却系も見逃せません。

長時間の実況や録画でPCの内部温度が上がることを抑え、静音性にも優れたものが望ましいです。

これにより、マイクにファンの騒音が拾われることなく、視聴者に快適な視聴体験を提供できます。

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DT

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DT

パフォーマンスと快適性を両立したゲーミングPC、デジタル戦場を制覇するために
ずば抜けた応答速度、32GB DDR5メモリと1TB SSDで、スムーズなゲーミング体験をコミット
Corsair 4000D Airflow TGケースで優れた冷却性と視覚的魅力を提供するスタイリッシュマシン
Ryzen 7 7800X3Dが、前代未聞の速度であなたを未来へと導くCPUパワー

【ZEFT R56DT スペック】
CPUAMD Ryzen7 7800X3D 8コア/16スレッド 5.00GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R56DT

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ACR

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ACR

熱いバトルを支配する、プロフェッショナルグレードのゲーミングPC
力強い性能の調和―32GBメモリと1TB NVMe SSDの極上の組み合わせ
視覚を刺激する、Corsair 5000X RGB―美しさが光るケースに息をのむ
Core i7の力で未来を切り拓く―応答速度と効率性を兼ね備える

【ZEFT Z45ACR スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Gskill製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6300Gbps WD製)
ケースCorsair iCUE 5000X RGB
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ACR

パソコンショップSEVEN ZEFT G42DCE

パソコンショップSEVEN ZEFT G42DCE

パワーと美しさを兼ね備えたアドバンスドパフォーマンスグレードのゲーミングPC
頂点を極めるバランス、最新Core i7とRTX 4070Tiの強力コンボ
悠然と映えるホワイトタワー、NZXT H6 Flowの優雅なデザイン性
快適な動作を保証するインテルの心臓部、パワフルCore i7で差をつけろ

【ZEFT G42DCE スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H6 Flow White
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT G42DCE

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DU

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DU

最新技術で魅了するエクストリームゲーミングPC、勝利をさらに美しく演出
バランス感覚が光る、驚異の32GBメモリ&1TB SSD, 快速体験をデスクトップへ
透明な風を彩るCorsair 4000Dケース、スタイリッシュな透過美を堪能するデザインモデル
Ryzen 7 7800X3Dで、PCの心臓部もパワフルアップ、次世代の速さを体感

【ZEFT R56DU スペック】
CPUAMD Ryzen7 7800X3D 8コア/16スレッド 5.00GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R56DU

ハイエンド機種 最上級のゲーム実況体験向けPC

ゲーム実況をトップレベルで行うには、ただでさえ高負荷なゲームプレイに加え、配信のエンコーディングなどを一度にこなせるハイエンドPCが必須です。

最上級のゲーム実況体験をお求めの方には、圧倒的なパフォーマンスを誇るマシンをお勧めします。

例えば、インテル最新のCore i9プロセッサーやAMDのRyzen 9シリーズを搭載したPCが適しています。

これらのCPUは多くのコアと高いクロックスピードを有し、複雑なタスクを同時に素早く処理できます。

さらに、NVIDIAのGeForce RTX4080以上やAMD Radeon RX 7800 XTのような最新かつハイエンドなグラフィックカードは、リアルタイムでの高画質配信において、その真価を発揮します。

豊富なビデオメモリと強力なレンダリングパワーは、4K解像度でのゲームプレイでも滑らかな映像を提供し、視聴者に快適な視聴体験をもたらせるでしょう。

RAMは最低でも16GBを目指しましょう。

しかし、ハイエンドな環境では32GBあるいはそれ以上が理想的です。

ストリーミングソフトウェアとゲームの両方で高いメモリを要求されるために、余裕を持ったメモリ構成は必要不可欠です。

加えて、迅速なデータアクセスが成功の鍵であり、そのためにはNVMe SSDのような高速ストレージはゲームのロード時間の短縮や、OSの応答時間の改善をもたらし、全体の体験を向上させます。

冷却システムにも注目しましょう。

ハイエンドPCは大量の熱を発生させますから、効果的な冷却システムはオーバーヒートを防ぎ、長時間の安定したパフォーマンスを保持します。

アフターマーケットの高性能クーラーや水冷システムは投資価値があります。

これらのスペックを兼ね備えたPCを選ぶことで、あらゆるゲームを最高設定でプレイし、快適なゲーム実況ができます。

高い予算を掛けることで、その分だけ視聴者に高品質なコンテンツを提供し、質の高いエンターテイメントを届けることが可能になります。

ハイエンドPCは、プロフェッショナルなゲーム実況者にとって、疑う余地のない、最上級の選択肢です。

パソコン以外に必要なゲーム実況機材の選び方

パソコン以外に必要なゲーム実況機材の選び方

マイクとオーディオインターフェイス クリアな音声録音のために

鮮やかなゲームの映像が魅力的な配信を作る一方で、視聴者を引きつけるクリアな音声録音は、実況プレイヤーにとって欠かせない要素です。

高品質なマイクを用意することは基本ですが、それを最大限に活かすためには、オーディオインターフェイスの選択が肝心です。

ゲーム実況におけるマイクの選び方は、自身の声質や配信する内容に適した指向性を持っているかどうかを基準にしてください。

例えば、個人の実況であればカーディオイド型のマイクが適しており、周囲の雑音を拾いにくく、自分の声をクリアに録音できます。

一方、オーディオインターフェイスはマイクの性能を引き出し、あなたの声をクリーンにPCへと伝送する役割があります。

さまざまなモデルが存在しますが、低レイテンシーでリアルタイムの音声を確実に捉え、高音質な録音が可能なモデルを選ぶことが重要です。

更に、使用するマイクとの接続端子の互換性、必要十分な入出力ポート、使い易さも評価基準となります。

高性能なマイクとオーディオインターフェイスの組み合わせによって、配信者の声は生き生きとして視聴者に届けられます。

細部にわたる呼吸や感情のニュアンスまでをも伝えられるため、配信の質は格段に向上し、視聴者とのつながりが深まるでしょう。

録音環境を適切に整えることで、心地よいゲーム実況の世界を創り出すことができるのです。

ウェブカメラと照明 ゲーム実況中のビジュアル配慮

ゲーム実況の魅力を高めるためには、ウェブカメラと照明の選び方が重要です。

視聴者は実況者の表情やリアクションを見ることで、プレイの楽しさを共有できます。

まずウェブカメラでは、解像度やフレームレートが高いモデルを選ぶことが肝心です。

1080p以上の解像度で、60fpsをサポートしているカメラなら、クリアでスムーズな映像を提供できます。

またオートフォーカスや広角レンズの搭載されているものを選べば、細かな動きも逃さずに映し出し、よりダイナミックな実況が可能になります。

次に照明についてですが、ゲーム実況では顔の表情を明るく、自然に見せることが要です。

そのため、目に優しいLEDリングライトを使用すると、均一で柔らかい光が実況者をライトアップし、疲れにくく、長時間の配信でも快適です。

また、光量調節が可能なモデルを選べば、部屋の明るさや時間帯に合わせて最適な照明を調整できます。

ウェブカメラと照明は、ゲーム実況におけるビジュアルのクオリティを大きく左右する機材です。

視聴者にプロフェッショナルな印象を与え、動画の魅力を引き立てるためにも、じっくりと吟味し、あなたに最適なセットアップを見つけることが重要です。

適切な機材選びは、ゲーム実況の成功への近道といえるでしょう。

人気PCゲームタイトル一覧


ゲームタイトル 発売日 推奨スペック 公式
URL
Steam
URL
Street Fighter 6 / ストリートファイター6 2023/06/02 プロセッサー: Core i7 8700 / AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: RTX2070 / Radeon RX 5700XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Apex Legends / エーペックスレジェンズ 2020/11/05 プロセッサー: Ryzen 5
グラフィック: AMD RadeonR9 290, GeForce GTX 970
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
ELDEN RING / エルデンリング 2022/02/25 プロセッサー: Core i7-8700K or Ryzen 5 3600X
グラフィック: GeForce GTX 1070 or AMD RADEON RX VEGA 56
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ペルソナ3 リロード 2024/02/02 プロセッサー: Core i7-4790, AMD Ryzen 5 1400
グラフィック: GeForce GTX 1650, 4 GB, AMD Radeon R9 290X, 4 GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
TEKKEN 8 / 鉄拳8 2024/01/26 プロセッサー: Core i7-7700K/AMD Ryzen 5 2600
グラフィック: GeForce RTX 2070/AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Palworld / パルワールド 2024/01/19 プロセッサー: Core i9-9900K
グラフィック: GeForce RTX 2070
メモリー: 32 GB RAM
公式 steam
Baldur's Gate 3 / バルダーズゲート3 2023/08/04 プロセッサー: i7 8700K / AMD r5 3600
グラフィック: 2060 Super / RX 5700 XT (8GB+ of VRAM)
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ドラゴンズドグマ 2 2024/03/21 プロセッサー: Core i7-10700 or Ryzen 5 3600X
グラフィック GeForce RTX 2080 / AMD Radeon RX 6700
メモリー: 16 GB
公式 steam
ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON 2023/08/25 プロセッサー: Core i5-10400 or Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 590 or Arc A750
メモリー: 12 GB RAM
公式 steam
ホグワーツ・レガシー 2023/02/11 プロセッサー: Core i7-8700 or AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce 1080 Ti or AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Cities: Skylines II 2023/10/25 プロセッサー:Core i5-12600K | Ryzen 7 5800X
グラフィック: GeForce RTX 3080 | RadeonRX 6800 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
サイバーパンク2077:仮初めの自由 2023/09/26 プロセッサー: Core i7-12700 or Ryzen 7 7800X3D
グラフィック: GeForce RTX 2060 SUPER or Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
DIABLO IV / ディアブロ IV 2023/10/18 プロセッサー:Core i5-4670K or AMD Ryzen 1300X
グラフィック: GeForce GTX 970、Arc A750、Radeon RX 470
公式 steam
オーバーウォッチ 2 2023/08/11 プロセッサー:Core i7 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 6400
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Monster Hunter World: Iceborne 2020/01/10 プロセッサー:Core i3 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD Radeon RX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
MONSTER HUNTER RISE: Sunbreak 2022/01/13 プロセッサー:Core i5-4460 or AMD FX-8300
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD RadeonRX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
BIOHAZARD RE:4 2023/03/24 プロセッサー: Ryzen 5 3600 / Core i7 8700
グラフィック: AMD Radeon RX 5700 / GeForce GTX 1070
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Call of Duty Modern Warfare III 2022/10/28 プロセッサー:Core i7-6700K or AMD Ryzen 5 1600X
グラフィック: GeForce RTX 3060 or AMD RadeonRX 6600XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
デッドバイデイライト 2016/06/15 プロセッサー: Core i3 or AMD FX-8300
グラフィック: 4GB VRAM以上
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Grand Theft Auto V 2015/04/14 プロセッサー: Core i5 3470 / AMD X8 FX-8350 4GHz
グラフィック: GeForce GTX 660 2GB / AMD HD7870 2GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Forza Horizon 5 2021/11/09 プロセッサー: Core i5-8400 or AMD Ryzen 5 1500X
グラフィック: GTX 1070 OR AMD RX 590
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam


ゲーム実況PC購入時のポピュラーな失敗と回避策

ゲーム実況PC購入時のポピュラーな失敗と回避策

オーバースペックへの誘惑 必要十分を見極める

ゲーム実況PC購入において、スペックの追求は魅力的に映りがちですが、最先端の性能を備えた最高級のPCが、必ずしも全てのゲーム実況者にとって必要なわけではありません。

確かに、高性能なグラフィックカードやプロセッサは、複雑なゲーム環境でも滑らかな実況を可能にしますが、コストパフォーマンスを重視することも大切です。

ゲームの種類や求められる処理能力に応じてPCのスペックを選ぶべきです。

たとえば、シンプルなインディーゲームやレトロゲームなどは、それほど高いスペックを必要としませんので、中レベルのグラフィックカードでも十分です。

一方で、リアルタイムレンダリングが求められる最新の3DゲームやVRゲームを実況する場合は、高いグラフィック性能と十分なメモリーが要求されます。

重要なのは、現時点で最も効率的な価格帯を見極めて、将来のアップグレードの余地を残しつつ購入することです。

オーバースペックであればあるほど、その分の費用がかさみますし、テクノロジーが進歩するスピードを鑑みれば、あまり先を見越しての投資は結果的に無駄に終わる場合もあります。

よって、ゲーム実況用PCを選ぶ際には、実際にプレイするゲームの要求スペックを確認し、必要十分な性能をもつPCを選定することが肝心です。

予算内で最適なスペックのマシンを選ぶことで、コストを抑えつつ高品質な実況が可能になります。

フレーム落ちやロード時間の短縮は視聴者にとって快適な視聴体験を与え、実況者としての信頼性も高めます。

賢明な選択を心がけ、ゲーム実況のためのPC選びにおいてバランスの良い判断を行うことが、成功への鍵です。

将来のアップグレード計画 拡張性を見据えたPC選び

ゲーム実況を行う際には、高性能なPCの選択が成功の鍵を握りますが、重要となるのは将来的なアップグレード可能性です。

現時点で必要なスペックを満たしたPCを用意することは基本ですが、技術の進化やソフトウェアの要求スペックは刻一刻と変化しています。

したがって、将来のアップグレード計画を見据えたPC選びが肝要であり、拡張性のあるマザーボードやケース、電源の容量などを予め意識して選びましょう。

例えば、マザーボードでは将来的なCPUやメモリのアップグレードを想定し、交換容易なもの、また複数のRAMスロットを備えたものを選択することが賢明です。

ケースにおいては、冷却効率の高いモデルや、追加のドライブベイが多い製品を選ぶことで、余裕を持ってコンポーネントの交換や追加が行えるようになります。

電源容量についても、将来的なグラフィックカードのアップグレードや複数のストレージ追加に対応するため、余裕を持ったワット数を選定することが望ましいです。

これらの要点を踏まえ、アップグレードの容易さを考慮してPCを選ぶことで、長期に渡り安定したゲーム実況を行うための基盤が築けます。

先を見据えた選択は、コストの節約だけでなく、将来的にも変わらない充実した実況ライフを支えるのです。

適切な構成を考え、拡張性を重視したPCを選択することが、ストレスなく最新のゲームを楽しんで視聴者に提供できる実況者にとって不可欠であると言えるでしょう。

自作PCかプレビルドPCか?ゲーム実況向け選択ガイド

自作PCかプレビルドPCか?ゲーム実況向け選択ガイド

自作PCのメリット・デメリット カスタマイズ性と保証のバランス

ゲーム実況に情熱を注ぐ皆さんは、ストリーミングの可能性を拓くパワフルなPCを求めていることでしょう。

そんな中で、自作PCとプレビルドPCのどちらを選ぶべきかは、カリスマゲーム実況者にとって肝心な決断です。

自作PCの最大の魅力は、無限に近いカスタマイズ性にあります。

コンポーネントの選定から組み立てまで、自らの手で成し遂げることで、まさに理想のスペックと機能性を備えたマシンを実現することができます。

特にゲーム実況では、高解像度の動画をスムーズに配信する強力なグラフィックスカードや、速い応答時間を求められるため、このカスタマイズが必須ともいえるでしょう。

しかしながら、自作PCには注意を要する側面も存在します。

すべてのパーツに対する個別の保証はありますが、システム全体に対する包括的な保証が欠けている点は大きなデメリットと言えます。

万が一、組み立て中や使用中に問題が生じた場合、それを自力で解決しなければならないため、技術的な知識とトラブルシューティングの経験が不可欠です。

さらに、部品選びのミスが将来の性能や互換性に影響を及ぼす可能性も考えられます。

ゲーム実況者にとって、リアルタイムでの配信は命綱です。

そのため、パフォーマンスの確実性と長期的なサポートを優先するならば、プレビルドPCに目を向けることも賢明です。

製造元がシステム全体に保証を提供するため、万一の際も安心してサポートを受けられます。

そして、時節によるパーツの厳選や組み立ては、専門知識を持ったプロフェッショナルに任せることになるため、初心者にとってはやさしい選択となるでしょう。

ゲーム実況において最高のパフォーマンスを求める場合、自作PCのカスタマイズ性とプレビルドPCの安心感、それぞれのバランスを考慮しながら、理想のマシンを選び出す知恵が問われるのです。

プレビルドPCの魅力と注意点 購入後すぐに始める実況生活

プレビルドPCの魅力としてまず挙げられるのは、時間を惜しみなくゲーム実況に注げる利便性です。

箱を開け、電源を入れるだけで最新のゲームをスムーズに動かす十分な性能を持ったマシンが待機しているのは、忙しい実況者にとって非常に大きな魅力です。

メーカーが厳選した部品で組み立てられているため、互換性や安定性の心配をすることなく、すぐにでもファンを魅了する実況に取り組むことができます。

ただし、注意点もあります。

一つは予算です。

プレビルドPCはその利便性の分、自作PCに比べて価格が高めに設定されていることが多く、予算には十分に目を配る必要があります。

また、メーカーによる構成は汎用性がある反面、特定のゲームや使用環境に特化した最適化がされていない可能性があるので、ゲーム実況に特化した機能や拡張性に要望がある場合は、カスタマイズ可能なモデルを選ぶか、後からのアップグレードを見越しておく必要があります。

そして、保証やサポートの面ではメーカーが一括で対応してくれるので心強いですが、故障した場合に部品単位での修理が難しかったり、メーカー独自のパーツを使用しているために交換やアップグレードの選択肢が限られることもあります。

プレビルドPCを選ぶ際には、将来的なニーズと現在のメリットを天秤にかけながら決定することがゲーム実況を長く続ける秘訣です。

まさに実況生活を購入後すぐに始め、快適に続けるための有力な選択肢といえるでしょう。

ゲーム実況のためのPCセットアップと最適化のコツ

ゲーム実況のためのPCセットアップと最適化のコツ

OSとドライバの更新 安定したパフォーマンスを維持するために

ゲーム実況を行う上で、PCのパフォーマンスは視聴者を魅了するスムーズな映像とシームレスな配信体験のために不可欠です。

そのためには、常にオペレーティングシステム(OS)とドライバの更新を行うことが重要となります。

OSのアップデートはセキュリティの強化やシステムの安定性に寄与し、快適なゲーム実況を支える基盤を提供します。

加えて、グラフィックカードやサウンドカードなどのドライバを最新に保つことで、ゲームが要求するリソースを効率的に処理し、高画質で滑らかなストリーミングを可能にするのです。

更新作業を怠ると、フリーズやクラッシュといった予期せぬトラブルが発生することがあるため、実況中に視聴者を失望させることなく、常に快適な視聴環境を提供するためには定期的なメンテナンスが不可欠です。

ここではパフォーマンスの安定を図るために、OSとドライバのアップデートを定期的にチェックし、新機能や改善点の情報に常に耳を傾けておくべきでしょう。

このような取り組みは、配信の品質を向上させるだけでなく、ゲーム実況者としての信頼性も高める一助となります。

そして、それは視聴者にとってかけがえのない価値を提供することに直結するのです。

ストリーミングソフトウェアの設定 OBS StudioとXSplitの使い方

ゲーム実況の魅力を存分に引き出す上で、ストリーミングソフトウェアは欠かせない道具となります。

OBS StudioとXSplitはその中でも特に人気のあるソフトで、機能性や使い勝手に優れているため、多くの実況者に愛用されています。

OBS Studioはオープンソースで無料利用が可能でありながら、多彩な配信設定やカスタマイズ性が魅力です。

画面内の区分けやシーンの切り替え、高度な音声ミキサー設定などを直感的に操作できます。

高画質な配信が可能であり、パソコンへの負荷も相対的に軽いため、多くの実況者にとって第一の選択肢となっています。

一方、XSplitはその使いやすさで名を馳せており、直観的なインターフェースにより短時間で配信準備を整えることができます。

XSplitには有料版と無料版がありますが、プロフェッショナルな配信を目指すなら有料版の追加機能が大いに役立ちます。

たとえば、複数の放送画質の同時出力や豊富なプラグイン、専門的なオーディオ処理機能を備えており、より専門的な設定を要求する実況者に最適です。

ソフトウェアの選択は、配信スタイルやパフォーマンスに合わせて行うことが大切です。

小規模でアットホームな配信から、大勢の視聴者を惹きつけるプロレベルの配信まで、異なるニーズを満たすためOBS StudioとXSplitが争われる理由はここにあります。

ゲーム実況者にとって最適な環境を整えることが視聴者の満足へと直結するため、これらのソフトウェアの設定には細心の注意を払い、常に最新の情報にアンテナを張り巡らせておくことを忘れないでください。

それぞれのソフトウェアの特長を理解し、配信における個性と魅力を最大限に発揮することが成功の鍵となるでしょう。

あわせて読みたい

ゲーム配信PC選択術 スペック優先で勝ち抜くストリーミング

BTO PCメーカーの特徴と口コミ評判比較

ゲーム改革! スペックに秀でたPC導入手引き

ゲーミングPC Z

モダンデザインの制作に最適! WEBデザイナーのためのおすすめパソコン

おすすめゲーミングPCライフ

システムエンジニア向けパソコン推薦モデル パフォーマンスリーダー

静音PC&BTOパソコン

映像制作マジック パソコンの性能で創造性を解放

BTOパソコン シックス

フルカスタマイズ可能! 究極のBTOパソコン選び方大全

えぐぜくてぃぶなPC

ゲーム実況のプロへ! おすすめPC選択ガイド2024

BTO PCメーカーの特徴と口コミ評判比較

視聴者を惹きつける! ライブ配信用おすすめPCの選び方

ゲーミングPC Z

CPUを極める! ヘビーユーザー向けBTO PC完全ガイド

静音PC&BTOパソコン

マンガ制作向け! コストパフォーマンス抜群のおすすめPC紹介

おすすめゲーミングPCライフ

予算別で選ぶ、価格パフォーマンスに優れたおすすめBTOパソコン

BTO PCメーカーの特徴と口コミ評判比較

生成AIを見据えた未来設計! 最前線のおすすめPCナビ

BTOパソコン シックス

グラフィックデザイナーの選択 おすすめCore i7搭載PC

えぐぜくてぃぶなPC

ライブ配信のためのおすすめPC 飛躍するための選択肢

静音PC&BTOパソコン

音楽制作PCのフル活用! おすすめDTMセットアップガイド

ゲーミングPC Z

映像制作プロダクション必見! コストパフォーマンス抜群のパソコン選定法

BTO PCメーカーの特徴と口コミ評判比較

プレイスタイル別! ゲーミングデスクトップPC完全購入マニュアル

おすすめゲーミングPCライフ

ストリーマー必見! ライブ配信用PC選びの決定版チェックリスト

えぐぜくてぃぶなPC

ゲーミングPC選び方の失敗しないコツ 性能チェックリスト付き

BTOパソコン シックス

ゲーム実況パソコン入門者必見! フォロワーが増えるスペックの秘訣

静音PC&BTOパソコン

PCゲームマスターのための究極PC選びガイド!

ゲーミングPC Z

RTX4070Ti SUPER対応! ハイエンドPC選びの秘訣

BTO PCメーカーの特徴と口コミ評判比較

AIイラストで差をつける! 最新おすすめPCスペックガイド

おすすめゲーミングPCライフ

速攻決定版! 最新おすすめホワイトゲーミングPCガイドブック

おすすめゲーミングPCライフ

PCゲームの快適性を追求するハードウェアガイド

BTO PCメーカーの特徴と口コミ評判比較

自動生成の新時代! AIイラストを支えるPC選びの全知識

えぐぜくてぃぶなPC

時短ワーカー必見! 効率的な仕事を支えるおすすめパソコン

BTOパソコン シックス

おすすめのゲーム配信PC 予算ごとのベストピックを紹介

ゲーミングPC Z

RTX4070 SUPERでリアルを超える! おすすめVRゲーミングPC選択術

静音PC&BTOパソコン

パソコン選び方入門 2024年おすすめモデルランキング

BTO PCメーカーの特徴と口コミ評判比較

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次