ライブ配信専用! コスパ最強のおすすめPC選択ガイド

目次

ライブ配信専用PCの必要性と重要なスペック

ライブ配信専用PCの必要性と重要なスペック

ライブ配信のための必須PCスペック

ライブ配信を行う際には、高品質な映像と音声をリアルタイムで伝送する必要があるため、PCのスペックがカギを握ります。

特に、CPUは配信ソフトを動かしながら同時に複数の処理を行うため、高速なマルチコアプロセッサを搭載したものが求められます。

解像度の高いビデオストリームを扱うことから、グラフィックスカードもまた重要な役目を果たし、特にゲーム配信を行うならば、ハイエンドなGPUが望ましいでしょう。

また、安定したライブ配信には十分なRAM容量が欠かせません。

一般的なウェブブラウジングや文書作成に比べて、ライブ配信時は高いメモリ使用率になるため、最低8GBを必要とし、より快適な配信を実現するためには16GB以上のRAMを推奨します。

ストリーミング中のエンコーディングは、ストレージの書き込み速度にも影響されるため、高速なSSDの利用が適しています。

データの読み書きが迅速に行われることで、配信中の映像の引っかかりなどが減少し、視聴者にスムーズな視聴体験を提供できます。

最後に、ライブ配信は長時間に及ぶことも少なくないため、冷却システムも重要です。

効率的な冷却が保たれていないと、PCは熱暴走を起こし、配信が中断されるリスクが生じます。

つまり、PC選びでは静音性能に優れた高性能クーラー搭載モデルを選択することが、信頼性のあるライブ配信を実現するためには不可欠です。

ライブ配信専用PCを選ぶ際には、これらの必須スペックを念頭におき、滑らかで高画質な配信を実現するための適切な機種を選定することが重要です。

マルチタスク対応のための処理能力

ライブ配信専用PCの選び方では、マルチタスク処理能力の重要性を見過ごしてはなりません。

ライブ配信では、映像や音声のエンコード、ストリーミング送信、チャットの管理、更には同時に行うゲームプレイや編集作業など、複数の処理が同時に求められるためです。

これらのタスクをスムーズにこなすためには、高速なマルチコアのプロセッサが必要不可欠となります。

特にコア数が多いCPUは、各種プロセスを効率よく割り当てられるため、ライブ配信の品質を維持しつつ、配信者の創造性を制限しない柔軟な環境を提供します。

さらに、ライブ配信においては、高速なRAMも同様に重要です。

適切な量のメモリが配信ソフトウェアとシステムのスムーズな動作を保障し、不測のラグやクラッシュから配信を守る壁となります。

また、グラフィックス処理性能も見逃せません。

特に画質にこだわる配信やゲームの中継を行う場合、高性能なグラフィックカードが、クリアで応答性の高い映像を実現するカギとなるのです。

これらのスペックをバランス良く備えたPCを選べば、視聴者に快適な視聴体験を提供し、配信者としての信頼性を高めることができるでしょう。

最終的に、信頼できるライブ配信を行うためには、十分な処理能力が備わったPC選びが、成功への第一歩と言えるのです。

高画質ストリーミングとグラフィックス要件

高画質ストリーミングの実現には、妥協のないグラフィックス性能が求められます。

視聴者に快適な配信体験を提供するためには、映像の鮮明さと滑らかな動きが重要となります。

ライブ配信専用PCでは、フルHDを超える解像度での配信を行う場合、グラフィックボードが鍵を握る要素です。

例えば、4K配信を行う場合は、エンコード処理を効率よく行うために高性能なGPUが必要です。

このため、NVIDIAやAMDといったブランドの最新かつ高性能なグラフィックカードを選択することが不可欠です。

さらに、ストリーミングソフトウェアがリアルタイムで複数のタスクを扱うため、グラフィックスカードの応答速度や処理速度もスムーズな配信のためには欠かせません。

長時間の配信でもPCが安定して動作するよう、冷却機能にも注目し、適切なパフォーマンスを維持できる製品を選ぶことが望ましいです。

また、グラフィックカードだけでなく、CPUの性能も同じくらい重視する必要があります。

複数のアプリケーションを同時に使用するライブ配信では、多核・多スレッド対応のCPUがマルチタスキングによる負荷に対応し、安定したストリーミングを実現します。

グラフィックス性能とCPUのバランスを考慮したPC選びが、卓越したライブ配信体験へとつながります。

総じて、ライブ配信においてはストリーミングの品質を支える確かなグラフィックス要件を満たすことが、コンテンツを際立たせ、視聴者を引きつける力となります。

適切なハードウェアの選択が、配信の成功へと直結するわけです。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 36064 74300 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 29990 73593 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 29040 68492 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 26085 67669 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23654 55777 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 19863 50598 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19176 51248 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 17912 45990 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 16936 42547 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13417 34691 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13416 35142 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13301 34508 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12424 30452 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10791 31815 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10621 28651 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10612 27566 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7312 19667 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6252 16080 130W 公式 価格

コストパフォーマンスに優れたライブ配信PC選び

コストパフォーマンスに優れたライブ配信PC選び

予算別おすすめライブ配信PCの選び方

ライブ配信に最適なPCを選ぶ際、予算は非常に重要な要素です。

それでは、予算に応じたPC選びのポイントを具体的に見ていきましょう。

まず、低予算の場合、基本性能に注目し、ストリーミングに必要最低限のスペックを満たしたモデルを探すことが肝心です。

CPUは、ライブ配信がスムーズに行えるように、Core i5以上をおすすめします。

また、GPUについては統合型で問題ないケースが多いですが、画質を犠牲にしたくないならば、NVIDIAのエントリーモデルを検討すると良いでしょう。

中予算の場合は、さらに快適な配信環境を目指すことができます。

ライブ配信に適した高性能なCPU、例えばCore i7やRyzen 7を選ぶことで、エンコード処理が快適になります。

そして、マルチタスクや高解像度のストリーミングも視野に入れ、16GB以上のRAMを装備したPCが望ましいです。

余裕のある予算であれば、高い安定性と長時間の使用に耐えることができるPCを選びましょう。

Core i9やRyzen 9などの上位モデルのCPU、高性能グラフィックカードを搭載し、32GB以上のRAMを備えることで、高画質での配信はもちろんのこと、複数のアプリケーションを同時に快適に動作させることが可能です。

ストレージに関しても、大容量のSSDを選ぶことで、アプリケーションの起動速度やデータアクセスの高速化が期待できます。

どの予算帯でも、ライブ配信する上での快適さや多様なニーズを満たせるよう、適切なスペック選びが重要です。

性能と価格のバランスを考慮し、最適なライブ配信PCを見つけましょう。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

長期間使用するためのPC選びのポイント

ライブ配信を長期間にわたってスムーズに行うためには、PCの選択が極めて重要です。

始めに考えるべきは、ライブ配信に必要なスペックに適うPCを選ぶという基本です。

ライブ配信では高解像度のビデオをリアルタイムでエンコードすることから、処理能力の高いマルチコアのCPU、十分なRAM、そして強力なグラフィックスカードが不可欠となります。

ストリーミングで必須となる高速なインターネット接続を支えるためのネットワークインターフェイスも見落とせません。

さらに重要なのは、ライブ配信におけるPCの耐久性です。

長時間の使用が予想されるため、冷却システムが優れていて、過熱しにくいモデルを選びましょう。

静音性も配信時のマイクに余計なノイズが入らず、視聴者に快適な体験を提供するためには欠かせません。

また、ハードウェアのアップグレードが容易な構造のPCを選べば、将来的なスペック要求の上昇にも柔軟に対応可能です。

PCの構成をカスタマイズできるメーカーやモデルを選ぶことで、初期投資を抑えつつも、ライブ配信に適した性能を得ることが可能になります。

性能とコストのバランスを見極め、信頼性のある保証やサポートが得られる製品を選ぶことが、コストパフォーマンスに優れたライブ配信PCを選ぶ際のカギとなります。

そうすることで配信活動の充実を支え、視聴者との強い絆を築く基盤を固めることができるでしょう。

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DT

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DT

パフォーマンスと快適性を両立したゲーミングPC、デジタル戦場を制覇するために
ずば抜けた応答速度、32GB DDR5メモリと1TB SSDで、スムーズなゲーミング体験をコミット
Corsair 4000D Airflow TGケースで優れた冷却性と視覚的魅力を提供するスタイリッシュマシン
Ryzen 7 7800X3Dが、前代未聞の速度であなたを未来へと導くCPUパワー

【ZEFT R56DT スペック】
CPUAMD Ryzen7 7800X3D 8コア/16スレッド 5.00GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R56DT

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ACR

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ACR

熱いバトルを支配する、プロフェッショナルグレードのゲーミングPC
力強い性能の調和―32GBメモリと1TB NVMe SSDの極上の組み合わせ
視覚を刺激する、Corsair 5000X RGB―美しさが光るケースに息をのむ
Core i7の力で未来を切り拓く―応答速度と効率性を兼ね備える

【ZEFT Z45ACR スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Gskill製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6300Gbps WD製)
ケースCorsair iCUE 5000X RGB
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ACR

パソコンショップSEVEN ZEFT G42DCE

パソコンショップSEVEN ZEFT G42DCE

パワーと美しさを兼ね備えたアドバンスドパフォーマンスグレードのゲーミングPC
頂点を極めるバランス、最新Core i7とRTX 4070Tiの強力コンボ
悠然と映えるホワイトタワー、NZXT H6 Flowの優雅なデザイン性
快適な動作を保証するインテルの心臓部、パワフルCore i7で差をつけろ

【ZEFT G42DCE スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H6 Flow White
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT G42DCE

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DU

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DU

最新技術で魅了するエクストリームゲーミングPC、勝利をさらに美しく演出
バランス感覚が光る、驚異の32GBメモリ&1TB SSD, 快速体験をデスクトップへ
透明な風を彩るCorsair 4000Dケース、スタイリッシュな透過美を堪能するデザインモデル
Ryzen 7 7800X3Dで、PCの心臓部もパワフルアップ、次世代の速さを体感

【ZEFT R56DU スペック】
CPUAMD Ryzen7 7800X3D 8コア/16スレッド 5.00GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R56DU

ライブ配信を支えるCPU選びの秘訣

ライブ配信を支えるCPU選びの秘訣

ライブ配信に最適なCPUの特徴

ライブ配信に最適なCPUは、まず高い処理能力を備えていることが求められます。

配信中には、リアルタイムでのエンコード処理が求められるため、複数のコアを持つマルチコアプロセッサが好まれる傾向にあります。

例えば、インテルのCore i7やi9、AMDのRyzen 7やRyzen 9などがその要件を満たし、パフォーマンスにおいて信頼性の高い選択肢となります。

加えて、ライブ配信では高いマルチタスク性能も重要です。

視聴者とのコミュニケーションを取りながら配信を行う場合、複数のアプリケーションを同時にスムーズに動かすことができるCPUが理想的です。

この点でも、多くのスレッドを同時処理できるCPUが適しています。

低遅延も重視されるべき特徴です。

配信者と視聴者間のインタラクションは、ライブ配信の魅力の一つであり、リアルタイム性が求められます。

ですから、遅延が少ないことで知られるCPUを選ぶことが、快適な配信体験を提供する上で欠かせません。

また、配信用のPCを選ぶ際には、将来的な拡張性も考慮しておくと良いでしょう。

技術の進歩は速く、配信のクオリティも日々進化しています。

したがって最新かつアップグレード可能なCPUソケットを有するモデルを選ぶことは、長期的に見て費用対効果の高い選択となります。

このようにライブ配信をスムーズで高品質なものにするには、複数のアプリケーションを問題なくこなせ、遅延の少ないマルチコア・マルチスレッドのCPUを選ぶことが重要です。

そして、将来への拡張性を見据えた選択が、コストパフォーマンスを最大限に引き出す鍵となるでしょう。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 41074 2424 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41024 2364 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41024 2364 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38498 2084 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38422 2055 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35426 2241 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35426 2241 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33681 2214 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33681 2214 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32458 2108 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32458 2108 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29185 2046 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 28786 1975 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 26972 2051 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24581 2109 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24581 2109 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 22024 1955 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20315 2021 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19459 1943 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17689 1821 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16008 1783 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16008 1783 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15252 1987 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9053 1752 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9053 1752 公式 価格

人気のライブ配信CPUモデル紹介

ライブ配信時の映像処理にはCPUのパワーが不可欠です。

適切なCPUを選ぶことで、滑らかな映像と安定した配信を実現することができます。

首尾よい選択のためには、コア数とクロック速度に注目しなければなりません。

コアが多ければ多いほど、同時に多くの処理が可能となり、ライブ配信の複数のタスクを効率的にこなせます。

世間では、AMDのRyzenシリーズやIntelのCore iシリーズが人気を集めています。

例えば、AMD Ryzen 7 7700Xは、8コア16スレッドでマルチタスキングに優れており、ライブ配信時にも余裕をもって応えられる性能を持っています。

Intelからは、Core i7-14700Kが注目されており、他の処理を行いながらでも配信の質を落とさないことで評価されています。

また、忘れてはならないのが、適正な価格で高い性能を購入できることです。

予算に余裕のある方であれば、最新技術を取り入れたハイエンドモデルを選ぶのも良い選択ですが、コスパを重視するならば、性能と価格のバランスが取れたモデルを選ぶことが重要です。

また、将来のアップグレードの可能性を考慮し、拡張性にも目を向けると良いでしょう。

ライブ配信用のPCにおいて、CPUはシステムの心臓部と言えるでしょう。

その心臓部を選ぶ際には、自分の配信内容を見極め、適切なモデルを選択することが肝要です。

多くのユーザーに愛されるモデルには、その理由があります。

ライブ配信を軽々とこなすパワフルなCPUを選ぶことで、配信者としての魅力をさらに高めることができるでしょう。

ライブ配信に最適なグラフィックスカードの選定

ライブ配信に最適なグラフィックスカードの選定

ライブ配信の映像品質向上のためのGPU選び

ライブ配信をする上で、映像品質は視聴者への最初の印象を決定づける重要な要素です。

そのためには、優れたグラフィックスカード、つまりGPUの選定が必須になります。

グラフィックスカードはビデオ処理の負荷を担い、クリアでなめらかな映像を生成する役割を果たし、結果として配信の品質を向上させます。

配信には高いフレームレートを維持することが望まれるため、グラフィックスカードの選び方には慎重になるべきです。

NVIDIAやAMDといった大手メーカーから出ている最新のモデルは、ライブ配信のためのエンコード機能や特化したハードウェアアクセラレーションを持っており、高解像度での配信でも安定性を保ちます。

例えば、NVIDIAのGeForce RTXシリーズは、エンコード処理の効率を高める専用のNVENCエンコーダーを搭載しており、これによりCPUへの負担を軽減しつつ、高品質のストリーミングが可能になります。

また、ライブ配信では複数のアプリケーションを同時に使用することも珍しくないため、グラフィックスカードが提供するVRAMの量も重要なスペックの一つです。

大容量のVRAMを備えたグラフィックスカードを選ぶことで、より多くのデータを即座に処理することが可能になり、結果的に配信中の映像遅延や不具合を防ぎます。

最後に、価格と性能のバランスを見極めることも大切で、必ずしも最高価格の製品が最適とは限りません。

ライブ配信に必要とされるスペックを満たす中で、価格面においても合理的な選定に努めることが、コストパフォーマンスを最大化する秘訣です。

品質向上のための適切なGPU選びによって、視聴者の満足度を格段に上げることができるでしょう。


クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AJ

熱戦を支える頼もしいパートナー、パワフルなスペックが光るアドバンスドゲーミングPC
さらなる頂を目指す者へ、i7とRTX 4060Tiの黄金バランスモデル
艶やかなホワイト筐体、クリアサイドで覗くテクノロジーの美学、ミドルタワーケースでスタイルも機能も
頭脳明晰!最新i7が紡ぎ出す、スムーズなマルチタスク性能

【ZEFT Z47AJ スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AJ

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBP

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBP

高性能と快適なプレイにフォーカスした、ソフィスティケートなゲーミングPC
パワーとバランスが鍵、i7とRTX 4060が強力なタッグを結成
シーンを選ばず映える、スリムでスタイリッシュな省スペースマシン
マルチタスクも難なくこなす、Core i7 14700Fの核心

【ZEFT Z45DBP スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 ROG Strix B760-I GAMING WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBP

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AA
【ZEFT Z52AA スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースASUS Prime AP201 Tempered Glass ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52AA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSB

快適プレイをコミットするミドルレンジゲーミングPC、迫力の32GBメモリと最新グラフィックスで勝利を掴め
有線も無線も超速2.5G LAN・Wi-Fi 6対応、スムーズな接続で勝負時に差をつけるスペック
エレガントでプロフェッショナル、Fractal Northケースが空間に洗練をもたらす
高速処理の新世代Core i7-14700KF、マルチタスキングもストレスフリー

【ZEFT Z45BSB スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BSB

コスパ最強のグラフィックスカード比較

ライブ配信を行う上で、滑らかな映像をお手頃な価格で実現したい方にとって、最適なグラフィックスカードの選定は欠かせません。

最新のゲームや高解像度のコンテンツをストリーミングする場合、パフォーマンスと価格のバランスが取れたグラフィックスカードが最適です。

市場には多様な選択肢がありますが、特にコストパフォーマンスに優れるモデルを注目しましょう。

コスパを追求する際、NVIDIAのGeForce RTX4060やAMDのRadeon RX 7700などが人気を集めています。

これらはエンコード能力が高く、安定した配信を求める方に適しています。

また、ライブ配信用のPCに搭載する場合、冷却性能も重要なポイントです。

ストリーミングにおいては、長時間の使用が前提となるため、発熱によるパフォーマンス低下を最小限に抑える必要があります。

このクラスのグラフィックスカードでは、複数の配信ソフトウェアを同時に使用したり、ウェブブラウザを開いたままの状態での使用でも、処理落ちの少ない快適なライブ配信を提供します。

既に利用されているカメラやマイクの性能を最大限に活かし、視聴者にクリアで鮮明な映像を届けることができるのです。

配信のクオリティを引き上げるためには、こうしたコスパ最強のグラフィックスカードを選択し、その他のPCコンポーネントとのバランスを丁寧に調整することが大切です。

こうして、価格とパフォーマンスのバランスに優れたPCを構築することができれば、快適なライブ配信環境を手軽に手に入れることが可能となります。

その結果、クリエイターはコンテンツ制作に集中でき、視聴者にとっても価値の高い配信体験を提供できるでしょう。

快適なライブ配信のためのメモリとストレージ

快適なライブ配信のためのメモリとストレージ

必要メモリ容量と速度の見極め方

快適なライブ配信を実現する上で、メモリは重要な役割を担います。

メモリ容量が不足していると、PCは多くのプロセスを同時に素早く処理する能力に欠け、ライブ配信中のパフォーマンス低下を引き起こす原因となる可能性があります。

特に、複数のアプリケーションを同時に使用する場合、適切なメモリ容量は必須です。

一方で、速度もメモリ品質を決定づける要素です。

速度が速ければ速いほど、データへのアクセスが迅速になり、結果としてストリームの品質が向上します。

ライブ配信用のPCを選ぶ際には、まずは8GB以上のメモリを目安にしましょう。

ただし、高画質でのストリームや、同時に複数のソフトウェアを使用する場合は、16GBやそれ以上が理想的です。

また、メモリの速度に関しては、DDR4メモリで2400MHz以上を選択すると、スムーズなパフォーマンスを得られることが多いです。

なお、高速メモリを利用することで若干ではありますが電力消費が増えるため、パソコン全体の熱管理にも注意を払う必要があります。

ストレージについては、ライブ配信のキャッシュデータをスムーズに処理するために、SSDを選択することをお勧めします。

SSDはHDDに比べて読み書き速度が段違いに速く、PCの起動時間短縮にも寄与します。

現在、価格も落ち着いてきており、容量も豊富に選べるようになりましたので、最低でも1TB以上のSSDを搭載したPCを選びましょう。

もし、多くの映像を保存することが予想されるのであれば、さらに大きな容量を選定すると良いでしょう。

さらに、データのバックアップを考慮して、外付けのストレージを併用することも忘れないようにしましょう。

以上のポイントを押さえておくことで、ストレスなく、なめらかなライブ配信が可能となるはずです。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

ストレージの種類とライブ配信への影響

ストレージの選択はライブ配信において静かながら重要な役割を果たします。

SSD(ソリッドステートドライブ)はHDD(ハードディスクドライブ)に比べて読み書き速度が圧倒的に速く、配信中のロード時間短縮や高速データ転送が可能です。

これにより視聴者への応答性が高まり、視聴体験が向上するわけです。

一方、HDDは大容量のデータ保存に向いており、コストパフォーマンスの面でも魅力を持ちます。

ただし、速度面ではSSDに劣るため、ライブ配信時の瞬間的なデータアクセスには不向きと言えるでしょう。

ストレージはライブ配信のパフォーマンスを決定づけるため、ここは節約せずに質の良い製品を選ぶことが肝心です。

例えば、システム用には迅速なアクセスを提供するSSDを、一方で録画データの保存用には容量の大きなHDDを選ぶなど、使い分けることが賢い戦略となります。

動画編集やアーカイブを頻繁に行うクリエイターには、高速アクセスが必要不可欠です。

そのためにも、SSDは配信者にとって信頼性が高く、経年劣化に強いという点でも選ばれています。

総じてライブ配信をスムーズに実施するためには、ストレージの種類を正しく理解し、自身の配信スタイルに合わせた最適なものを選ぶことが成功への早道です。

高速で安定した配信を求めるのであればSSD、コストを重視するならばHDD、もしくはその両方を上手に組み合わせることが推奨されます。

ストレージ選びは配信の質を左右するため、慎重な選択が重要であり、真の配信体験向上へと導いてくれるはずです。

SSD規格一覧


ストレージ規格 最大速度MBs 接続方法 URL_価格
SSD nVMe Gen5 16000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen4 8000 m.2 SSDスロット 価格
SSD nVMe Gen3 4000 m.2 SSDスロット 価格
SSD SATA3 600 SATAケーブル 価格
HDD SATA3 200 SATAケーブル 価格

ライブ配信PCの冷却システムと静音性

ライブ配信PCの冷却システムと静音性

PCの熱管理と冷却方法の概要

ライブ配信PCの冷却システムと静音性は、高品質な配信環境を築く上で避けて通れない要素です。

PCが高性能なプロセスを維持しながらも、熱によるパフォーマンスの低下を回避し、さらに配信中の騒音を抑えることが、視聴者に快適な体験を提供する秘訣となります。

熱管理と冷却方法は、CPUやGPUなど発熱が特に激しいコンポーネントの温度を効果的に下げ、最適な作動状態を長時間保つことを目的としています。

エアフローはPCケース内の空気の流れを良くし、内部の暖かい空気を外に排出する一方、冷たい空気を取り込むことで部品を冷やします。

高い冷却効果のために、ケースファンの配置や数にも気を配る必要があります。

また、放熱性の高い材料を用いたヒートシンクは、CPUの熱を効率よく分散させ、ファンがその熱を外に逃がしやすくします。

さらに静音性を高めるためには、低回転で効率的に冷却できるハイエンドファンの選定が重要です。

その他、さらに高度な冷却性能を求めるならば、水冷システムを採用することが、ノイズを抑えながら強力に温度管理をする一つの方法になります。

定期的なメンテナンスを行い、ホコリの蓄積が冷却効果を損ねないよう注意することも、長時間安定したライブ配信には不可欠です。

適切な熱管理と冷却方法を身につけることで、PCはライブ配信という重負荷状態であっても、高いパフォーマンスを発揮し続けることができるのです。

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BL

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BL

ヘビーユーザーを魅了する高性能ゲーミングPC、集中力を高めるサイレント設計で戦場を制圧!
32GBメモリと1TB高速SSD、バランス良いパワーでゲームも作業もスムーズに応答
ホワイト塗装のクリーンなデザイン、内部のRGBが輝くクリアパネルで美しさも冷却性能も両立
Core i7 14700搭載、マルチタスクでもスムーズな応答性で作業効率アップ

【ZEFT Z47BL スペック】
CPUIntel Core i7 14700 20コア/28スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H7 Flow RGB White
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47BL

パソコンショップSEVEN ZEFT Z51GV

パソコンショップSEVEN ZEFT Z51GV
【ZEFT Z51GV スペック】
CPUIntel Core i9 14900F 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースAntec P10 FLUX
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z51GV

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48CB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48CB

ハイエンドパフォーマンスを携えた、過酷なバトルにも耐えうるゲーミングPC
豪華三昧スペックで、フルスロットルの極み体験を提供
エアフロー最適化された美麗筐体、Corsair 4000Dで、スタイリッシュな設置を保証するPC
快速Core i7-14700F搭載、マルチタスクもスムーズにこなすマシン

【ZEFT Z48CB スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6300Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z48CB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48GA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48GA

究極のゲーム体験をコミットする、エクセプショナルミドルクラスゲーミングマシン
頂点を極めるバランス―最新のSSD速度と圧倒的グラフィックパワー
静かな威厳、ミドルタワーケースの洗練されたスチールデザイン
超絶速Core i9 14900F、プロセッサの極みでタスクを瞬時に処理

【ZEFT Z48GA スペック】
CPUIntel Core i9 14900F 24コア/32スレッド 5.40GHz(ブースト)/2.00GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Corsair製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z48GA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52CK

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52CK
【ZEFT Z52CK スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H7 Flow RGB White
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52CK

ストリーマーに優しい静音PCケースとファン

ライブ配信を行う時には、PCの性能はもちろんのこと、冷却システムと静音性に優れていることが極めて重要です。

配信中に不愉快なファンノイズが入ることは、視聴体験を損なう原因となります。

そのため、ストリーマーにとって配信専用PCを選ぶ際には、静音性を実現するためのPCケースやファンの選択が重要な判断基準になります。

高い静音性を誇るPCケースは、厚みのある素材や防音材を使用して内部の騒音を外に漏らしにくくしています。

また、ケース内部のエアフロー設計が最適化されており、冷却効率と静音性が両立されているモデルを選択することが推奨されます。

こうしたケースを使用することにより、ファンの回転数を下げても効果的な冷却を保ちつつ、騒音を抑えることが可能です。

ファンに関しても、静音性に特化した製品が存在します。

これらは低回転でも高い冷却効力を発揮する設計が施されており、また特殊なブレードの形状やファンを取り付けるマウントの工夫によって、作動音を大幅に低減しています。

ストリーマーが長時間配信を行っても、煩わしいノイズに邪魔されることなく、視聴者にクリアなオーディオを提供できるようになるわけです。

静かで快適なライブ配信環境を整えるためには、これらの要素をしっかりと押さえたPCケースとファンの選択が不可欠です。

効率的な冷却システムと共に静音性を確保することで、ストリーマーも視聴者も満足できる配信が実現します。

最適なPC構成で、ストレスなく配信活動に集中できる環境を創出することは、プロフェッショナルなストリーマーにとって必須の条件と言えるでしょう。

周辺機器選びとライブ配信PCの拡張性

周辺機器選びとライブ配信PCの拡張性

ライブ配信に必要な周辺機器の選び方

ライブ配信を成功させるには、PCとともに重要なのが適切な周辺機器の選択です。

まず、映像を高品質で伝えることを考えれば、解像度とフレームレートが高いWebカメラが必須となります。

次に、清潔でクリアな音声配信のためには、ノイズキャンセリング機能を備えたマイクを選ぶべきです。

これに加えて、音声の細かな調節を可能にするオーディオインターフェースも、プロフェッショナルな配信を目指す上で見逃せません。

配信中には、視聴者と円滑にコミュニケーションを取るため、リアクションが速やかにできるように、反応速度の速いキーボードやマウスといった入力デバイスの選択も大切です。

また、ライトニングは視聴者に表情や動作を明瞭に伝えるため、照明機器にも配慮が必要となります。

ソフトボックスやリングライトを活用することで、肌の質感や細かな表情まで鮮明に映し出すことができます。

さらに、ライブ配信では長時間の使用を前提としているため、耐久性と快適さも考慮する必要があります。

エルゴノミクスに配慮したチェアやデスクの選択も、長時間の配信をサポートします。

このようにライブ配信に必要な周辺機器を選ぶ時は、画質や音質だけでなく、配信者の快適性や視聴者とのコミュニケーションも視野に入れることが重要です。

選び方一つで、配信の質が大きく変わるため、慎重に検討を重ねることが求められます。

将来的なアップグレードを見据えたPC構成

ライブ配信を行うPC選びでは、即戦力となる性能はもちろんのこと、将来にわたって充実した配信が継続できるように、アップグレードの可能性を秘めた構成が重要です。

配信内容が多様化していく中で、初期構成のままでは追いつかなくなる場合もあります。

例えば、複数のカメラを使用するようになったり、高解像度の配信を始めたりと、需要に応じてより多くのリソースが求められることも考えられます。

そこで、使い始めから将来のアップグレードを視野に入れたPC選びが肝心です。

特に、グラフィックスカードやメモリ、SSDなどは後からの追加・交換が比較的容易な部分です。

グラフィックスカードのスロットやメモリスロットが余裕を持った数があると、必要に応じて手軽にパワーアップが可能になります。

また、ストレージの拡張も大量のデータを扱うライブ配信では不可欠で、M.2やSATA接続のSDD、さらにはHDDを追加できる余地があることも大切です。

配信用のPCで長期に渡って快適に活動を続けるためには、最新のトレンドや技術進化に柔軟に対応できる機能拡張性を持つことが望ましいです。

このポイントを押さえたPC選びにより、ライブ配信を軸としたクリエイティブな活動が、将来にわたってさらに発展していくでしょう。


信頼性とサポート ライブ配信PCブランドの選択

信頼性とサポート ライブ配信PCブランドの選択

サポート体制が手厚いPCメーカーの選び方

ライブ配信PCブランドの選択では、信頼性だけでなく、サポート体制の手厚さも考慮することが求められます。

トラブル発生時や急な性能アップデートが必要になった場合、迅速かつ適切なサポートを提供するメーカー選びが、配信活動の成否を左右することも少なくありません。

サポート体制の充実したPCメーカーを選ぶ際、必ずチェックすべきポイントが幾つかあります。

まず、24時間365日体制でサポートが受けられるかどうかが重要です。

また、購入後の初期不良対応や、長期保証の有無、保証内容も詳細に確認が必要です。

さらには、リモートサポートで遠隔地からでも問題を解決できるか、修理時のデータ保全のポリシーも検討事項として挙げられます。

専門のライブ配信者にとって、ハードウェア自体の性能だけでなく、いざという時に頼りになるサポートは配信品質を保つ上で欠かせない要素です。

頻繁な配信が求められるプロフェッショナルな環境では、迅速な問題解決がビジネスの機会損失を防ぐことに直結します。

また、ユーザーレビューや業界内の評判も、特にアフターサポートの実態を知る一つの手段として活用すべきです。

結局のところ、ライブ配信専用PCを選ぶ時、技術的なサポートだけでなく、各種サービスの質やクイックレスポンスの対応力を見極めることが賢明な選択につながります。

正確な知識と緻密なリサーチが、手厚いサポート体制を備えた理想のPCメーカーを見つける確かな手がかりとなります。

実際のライブ配信シーンでの評価とフィードバック

ライブ配信では、PCの信頼性とサポートは視聴体験を左右するなかで最も重要な要素の一つです。

実際の配信シーンでの評価は、ハードウェアのスペックだけでなく、継続的なパフォーマンスの安定性と、万が一のサポート体制が整っているかどうかに大きく依存します。

しばしば配信者たちは生放送中に不測のトラブルに見舞われるため、迅速な技術支援が可能なブランドは高い信頼を得ています。

フィードバックから明らかなのは、画質や音声のクリアさはもちろん、OBS StudioやXSplitなどの配信ソフトウェアとの相性もPC選びで考慮すべき点です。

また、多くの配信者が重視するのは、アップグレードの容易さです。

将来を見据えて拡張性の高いモデルを選ぶことで、新しいソフトウェアや周辺機器の需要に応じてPCを更新することが可能になります。

特に、実際の配信シーンで高く評価されるのは長時間の使用にも耐える冷却システムを備え、高負荷時でも静音性を保ちつつ、安定して作業を続けられるPCです。

このように、ライブ配信専用のPCを選ぶ際は、高性能であることはもちろん、ユーザーのリアルな声に根ざした評判とサポート体制を重視する必要があることを、配信者が共有する経験からも裏付けられています。

結論 安定したライブ配信を実現するPCの組み立て方

結論 安定したライブ配信を実現するPCの組み立て方

最後にチェックすべきPC構成の要点

ライブ配信専用のPCを選択する際には、単に部品を選ぶだけでなく、全体としてのバランスが最も重要です。

特に忘れがちなのが、PC内部の熱管理です。

高性能CPUやグラフィックカードは大量の熱を生み出し、これが不安定な動作や性能の低下を引き起こす可能性があります。

そのため、適切な冷却システムを選ぶことが必要不可欠であり、冷却ファンや水冷システムなど、放熱設計にも目を向けるべきです。

また、ストレージに関しては、システム用にSSD、データ保存用には大容量のHDDという構成が理想とされています。

SSDは高速な読み書き速度を生かしてOSやライブ配信ソフトの起動時間を短縮し、HDDではライブ配信で生成される大量のデータを安心して保管できます。

ライブ配信では、安定したインターネット接続も欠かせません。

Wi-Fiより有線LANが望ましい理由は、データの転送速度と安定性に優れ、配信中のトラブルを減らすためです。

その際、ネットワークカードの性能にも注意し、ギガビット対応のものを選ぶとより良いでしょう。

サウンドについても重要です。

クリアな音声を配信するためには、オンボードサウンドカードだけでは不十分な場合があります。

高品質なサウンドカードや外部オーディオインターフェースを検討することで、視聴者に快適なリスニング体験を提供することができます。

ライブ配信向けPC組み立てステップと注意事項

ライブ配信向けPCを組み立てる際には、まずストリーミングの要求スペックを理解することが重要です。

高画質の配信を行うには十分なCPUのパワーと、エンコード作業に適したGPUの選定がポイントとなります。

具体的には、複数のアプリケーションを同時にスムーズに動かせるよう、マルチコアのCPUを選ぶべきですし、優れたグラフィックカードは配信の質を左右するため、ここは妥協を避けたいところです。

メモリについても、ライブ配信では多くのデータを一時的に処理するため、少なくとも16GBのRAMを搭載することを推奨します。

また、ストリーミング時のデータの読み書き速度を速めるためには、SSDの採用が有効です。

これらのパーツを選ぶ際に、将来のアップグレードに備えて拡張性に富んだマザーボードを選定することも見逃せません。

冷却システムも配信中の機器の熱を適切に管理するため、重要な要素です。

高性能なパーツは発熱しやすいため、効率的な冷却ファンや、より高い冷却性能を誇る水冷システムの導入を検討する必要があります。

そして、信頼性のある電源ユニットを選び、安定供給を保証することがシステム全体の安定稼働には不可欠です。

これらの要素を抑えた上で、ケース選びにも注意が必要です。

内部空間が広く、エアフローを促進する設計のモデルを選ぶことで、構成パーツへのホコリの侵入を防ぎ、長期間にわたるPCのパフォーマンス維持に寄与します。

バランスの取れたPC組み立ては、長時間のライブ配信を安定して行うためには欠かせない作業であり、適切な計画と慎重なパーツ選びが成功への鍵です。

あわせて読みたい

ゲーム配信PC選択術 スペック優先で勝ち抜くストリーミング

BTO PCメーカーの特徴と口コミ評判比較

ゲーム改革! スペックに秀でたPC導入手引き

ゲーミングPC Z

モダンデザインの制作に最適! WEBデザイナーのためのおすすめパソコン

おすすめゲーミングPCライフ

システムエンジニア向けパソコン推薦モデル パフォーマンスリーダー

静音PC&BTOパソコン

映像制作マジック パソコンの性能で創造性を解放

BTOパソコン シックス

フルカスタマイズ可能! 究極のBTOパソコン選び方大全

えぐぜくてぃぶなPC

ゲーム実況のプロへ! おすすめPC選択ガイド2024

BTO PCメーカーの特徴と口コミ評判比較

視聴者を惹きつける! ライブ配信用おすすめPCの選び方

ゲーミングPC Z

CPUを極める! ヘビーユーザー向けBTO PC完全ガイド

静音PC&BTOパソコン

マンガ制作向け! コストパフォーマンス抜群のおすすめPC紹介

おすすめゲーミングPCライフ

予算別で選ぶ、価格パフォーマンスに優れたおすすめBTOパソコン

BTO PCメーカーの特徴と口コミ評判比較

生成AIを見据えた未来設計! 最前線のおすすめPCナビ

BTOパソコン シックス

グラフィックデザイナーの選択 おすすめCore i7搭載PC

えぐぜくてぃぶなPC

ライブ配信のためのおすすめPC 飛躍するための選択肢

静音PC&BTOパソコン

音楽制作PCのフル活用! おすすめDTMセットアップガイド

ゲーミングPC Z

映像制作プロダクション必見! コストパフォーマンス抜群のパソコン選定法

BTO PCメーカーの特徴と口コミ評判比較

プレイスタイル別! ゲーミングデスクトップPC完全購入マニュアル

おすすめゲーミングPCライフ

ストリーマー必見! ライブ配信用PC選びの決定版チェックリスト

えぐぜくてぃぶなPC

ゲーミングPC選び方の失敗しないコツ 性能チェックリスト付き

BTOパソコン シックス

ゲーム実況パソコン入門者必見! フォロワーが増えるスペックの秘訣

静音PC&BTOパソコン

PCゲームマスターのための究極PC選びガイド!

ゲーミングPC Z

RTX4070Ti SUPER対応! ハイエンドPC選びの秘訣

BTO PCメーカーの特徴と口コミ評判比較

AIイラストで差をつける! 最新おすすめPCスペックガイド

おすすめゲーミングPCライフ

速攻決定版! 最新おすすめホワイトゲーミングPCガイドブック

おすすめゲーミングPCライフ

PCゲームの快適性を追求するハードウェアガイド

BTO PCメーカーの特徴と口コミ評判比較

自動生成の新時代! AIイラストを支えるPC選びの全知識

えぐぜくてぃぶなPC

時短ワーカー必見! 効率的な仕事を支えるおすすめパソコン

BTOパソコン シックス

おすすめのゲーム配信PC 予算ごとのベストピックを紹介

ゲーミングPC Z

RTX4070 SUPERでリアルを超える! おすすめVRゲーミングPC選択術

静音PC&BTOパソコン

パソコン選び方入門 2024年おすすめモデルランキング

BTO PCメーカーの特徴と口コミ評判比較

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次